作業療法士のキャリアはどうやって積み上げていくの?

「作業療法士としてキャリアを積んでいきたい!」

「キャリアを積みたいけどやり方が分からない…」

このような悩みを抱えている作業療法士の方が解決出来る記事です!

この記事を読むと、以下のような点を知ることが出来ます!

●作業療法士のキャリアはどうやって積み上げていくのか
●キャリアアップに失敗しやすい例


作業療法士のキャリアはどうやって積み上げていくのか、キャリアアップに失敗しやすい例を知りたい方は是非最後まで読んでみてください。

作業療法士のキャリアアップ法を知ることで、キャリアアップに失敗せずに成功しやすくなりますよ!

目次

作業療法士のキャリアはどのように積むべきなの?

作業療法士としてキャリアアップを目指したいと考えている方も多いことでしょう。

では、どのような方法で作業療法士のキャリアアップを図れるかお伝えします。

経験を積む

作業療法士のキャリアを積んでいくためには、まず作業療法士としての経験を積むことが一番確実な方法です。

作業療法士として働いた経験年数は年功序列制が強い作業療法士界隈ではかなり重要な肩書となり、先輩後輩の上下関係の有無や管理職・リーダーポジションにつきやすくなるなどのメリットがあります。

作業療法士の経験が10年を過ぎれば、自然とリーダー職や管理職を任せてもらいやすくなります。

資格を取る

作業療法士のキャリアアップを図るには、作業療法士のキャリアアップに有利な資格を取得することも重要となってきます。

認定作業療法士や専門作業療法士、福祉住環境コーディネーター、ケアマネージャーなど、作業療法士専門の資格やダブルライセンスを目指して資格を取得すると、転職市場では人材価値が上がりやすく、転職先で好待遇で雇ってもらえる可能性が高まります。

ただし、資格取得には試験勉強や経験年収などの条件が設けられていることがあるため、事前に資格取得の手段について確認しておきましょう。

対応出来る領域や分野を増やす

作業療法士として対応出来る領域や分野を増やすことも、キャリアを積み上げていくための一つの手段です。

作業療法士の領域には、身体領域、精神領域、発達領域、老年領域の4種類があり、分野は急性期、回復期、生活期の3種類があります。

作業療法士として様々な領域や分野で仕事が出来るということは、それだけ職場の種類が豊富であり、好待遇の職場に就職しやすくなるということです。

管理職に就く

職場内で管理職に就くことも、作業療法士のキャリアアップにつながっていきます。

経験年数が豊富であるか、専門的な資格を持っている実力派であれば管理職を任せてもらえる機会が増えます。

職場内だけではなく、他の就職先でも管理職のポジションの求人を募集していることもあるため、管理職のポジションを狙っているのであれば、常に求人に目を通しておくことをおすすめします。

一般企業に転職する

作業療法士としての経験とスキルがあれば、一般企業に転職することもおすすめです。

近年、作業療法士の資格を必要とする一般企業が増えており、作業療法士の価値自体が高まっています。

作業療法士としての経験や知識を活かして、企業の事業内容に携わることが出来れば、作業療法士としてのキャリアアップにもつながります。

起業する

作業療法士としてキャリアアップを目指して独立したいのであれば、起業するという手もあります。

作業療法士としての経験や知識を活かした事業を開発したり、デイサービスなどの事業所を立ち上げて運営していくというやり方があります。

ただし、起業するには相応の資本金と手続きがあるため、時間とお金に余裕が必要となってきます。

作業療法士がキャリアを積むことに失敗するのはどんな時?

作業療法士がキャリアを積むことに必ずしも成功するとは限りません。やり方を間違えればキャリアを積むことに失敗する可能性も十分にあります。

では、作業療法士がどんな時にキャリアを積むことに失敗するかお伝えします。

キャリアを積むことへのイメージがあいまい

作業療法士がキャリアを積むことに失敗しやすい例として、キャリアを積むことへのイメージがあいまいであることが挙げられます。

なんとなく自分がこんな感じの作業療法士になっていくのかなと、あいまいなイメージでキャリアを描いていると、実際にキャリアを積み上げたいときもあいまいなまま行動してしまい、失敗しやすくなります。

キャリアを積むことを成功させるには、具体的な将来やキャリアへのイメージを持つことが大切です。

キャリアを積んだ後のイメージが不透明

作業療法士としてのキャリアを積んだ後のイメージが不透明な場合も失敗しやすいです。

実際にキャリアを積むことに成功はしましたが、その後のキャリアアップした生活でなんとなく過ごしていると、せっかく積み上げたキャリアが継続出来ずに結果的に失敗に終わる可能性も十分にあります。

キャリアを積むことに成功したからと言って油断はせず、キャリアアップ後の生活や仕事に関しても十分に配慮して行動していくことがおすすめです。

一人でキャリアを積み上げようとする

他にも作業療法士がキャリアを積み上げる際の失敗例として、一人でキャリアを積み上げようとすることです。

キャリアを積むためには自分一人の力だけでは難しいものが多く、同僚や上司、家族や友人などの周りの人々の協力が必要になってきます。

いかに周りから協力を得られるか、助けを求められるかがキャリアアップ出来るかのカギとなってきます。

転職の繰り返しはマイナスイメージがある

作業療法士としてキャリアを積もうと、何回も転職を繰り返していると、採用する側としてはマイナスのイメージしかありません。

採用する側はどうして何回も転職を繰り返しているのか、必ず理由を聞いてくるためによっぽど納得のいく理由ではない限りは採用されにくい状況にあります。

転職を繰り返している理由の例外として、結婚や出産、体調不良、身内の介護などはやむを得ない事情であるため、大目に見られることが多いです。

キャリアを積むために転職する際はある程度回数を限定して、限られた機会の中で慎重に転職活動を進めていくことがベストです。

自分の能力を過信してしまう

キャリアアップのイメージがあいまいであることも失敗しやすいですが、作業療法士としての自分の能力を過信しすぎてキャリアアップのビジョンを高すぎるものに設定してしまうと、キャリアアップに失敗しやすいです。

例えば、特に転職に有利な経験や資格を持っていないにもかかわらず、高望みして好待遇の就職先に挑戦してみたり、自分は起業して稼ぐだけの力があると過信して、何の準備もせずに起業することです。

自分の能力の過信は自身のキャリアアップを妨げてしまうため、自分がどのような能力を持っているか、転職市場ではどれくらいの人材価値があるのか、冷静になって見極めましょう。

キャリアを積むためには明確なイメージとスキル・経験が必要

キャリアを積むために必要なことは、作業療法士としての経験や知識の豊富さ、資格を取得するなどのスキル向上が重要となってきます。

また、キャリアを積むことへの明確なイメージを自分の中でしっかりと持つことで、キャリアアップに成功しやすくなります。

一方で、キャリアを積むことに失敗しやすい例は転職の繰り返しや一人でキャリアを積み上げようとすることで冷静になれていない場合は、失敗しやすいです。

キャリアを積むことに成功するためには、自分の能力を見極める冷静さと事前に時間をかけて入念な準備を怠らないことが大切となってきます。

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅原あかり 菅原あかり 作業療法士/ライター

回復期病院や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションで働いていたが、人間関係によるストレスで退職。現在は副業としてやっていたライター業で本格的に活動し始める。
自身と同じように作業療法士として働く上で悩みを抱えている人の力になりたいとリジキャリのライターとして発信していきたいと考えている。

目次