作業療法士はやりがいを感じられる?感じられない時の対処法は?

「作業療法士は働いていてやりがいを感じられる?」

「作業療法士としてやりがいを感じられない場合はどうしたらいい?」

このような悩みを抱えている作業療法士の方が解決出来る記事です!

この記事を読むと、以下のような点を知ることが出来ます!

●作業療法士のやりがいを感じられるとき
●作業療法士のやりがいを感じられないときの対処法



現在、これから作業療法士として働く上でどのようなときにやりがいを感じられるか知りたい方や働いていてやりがいを感じられなくて困っている方は是非最後まで読んでみてください。

どのようなときに作業療法士のやりがいを感じられるか、やりがいを感じられないときはどうしたらいいか対処法を知ることで、作業療法士のやりがいを改めて見つけられますよ!

目次

作業療法士のやりがいを感じられるときはある?

これから作業療法士として働く上で、そもそもやりがいを感じられるのかどのようなときにやりがいを感じられるかは気になるところですよね。

今回はどのようなときに作業療法士のやりがいを感じられるかご紹介します。

やりがいを感じられる場面①患者やその家族に感謝されたとき

作業療法士のやりがいを感じられる場面で一番多いのは、患者や患者の家族に感謝されたときです。

リハビリをしていく中で、作業療法士が患者を助けたい・治したいという気持ちやリハビリをともに行ってくれる姿が患者に伝わることで、患者やその家族から「ありがとう」「いつも助けてもらってるね」といった感謝の言葉を受け取ることがあります。

作業療法士は患者のリハビリをしていくことが役割ですので、その仕事ぶりを感謝されたときにやりがいを感じられる人が多いです。

やりがいを感じられる場面➁リハビリの効果があったとき

作業療法士の役割であるリハビリを行ったことで効果が出たときにもやりがいを感じられます。

自分の立てた評価からリハビリ計画を実施して、その成果が患者の心身の機能向上につながることは作業療法士としての何よりの喜びです。

患者の状態が徐々に良くなり、退院して自宅へ戻っていく姿は作業療法士としての達成感も感じられます。

やりがいを感じられる場面③社会に貢献していると感じたとき

作業療法士は医療従事者として、患者をリハビリし治療していくことが仕事の役割です。

作業療法士としてのその役割は患者をはじめとした多くの社会の人々の役に立っていることであり、社会のために貢献していることでもあります。

作業療法士として働く中で、社会に貢献していると感じられたときにやりがいを見出すこともあります。

作業療法士のやりがいを感じられないときはどうしたらいい?

作業療法士として働いていく上で、どうしてもやりがいを感じられないときもあると思います。

そんなやりがいを感じられないときにどうしたらいいか対処法をお伝えします。

やりがいを感じられないときの対処法①気晴らしをする

日々の仕事に追われて作業療法士としてのやりがいを感じられなくなるときもあります。

そんなときは気分転換を図って心身ともにリフレッシュすることをおすすめします。

カフェで一息ついたり、友人や家族と会話をして気晴らしをすることで、仕事のモチベーションアップや作業療法士としてのやりがいを取り戻すきっかけにもなります。

やりがいを感じられないときの対処法➁自分を見つめ直す

作業療法士としてのやりがいを感じられないときは追い詰められて自分が見えていないこともあります。

日々仕事をこなしていく中で発生する人間関係のストレスや仕事のストレスを抱えることにより、作業療法士として自分は何のために働いているか分からなくなるときも来ることでしょう。

そんなときは初心に戻ってどうして自分は作業療法士として働きたいと思ったのか普段何気なく周りからかけられている感謝の言葉を忘れてはいないか自分を見つめ直すことで、作業療法士としてのやりがいを取り戻すことも出来ます。

やりがいを感じられないときの対処法③仲間の話を聞く

作業療法士としてのやりがいを感じられず、自分で対処できないときはかつての仲間の力を借りる手もあります。

専門学校時代や大学時代にともに勉学を学んだ友人や同級生に連絡して、作業療法士としてのやりがいを仲間に聞いたり話し合うことでやりがいに対する新たな考え方を取り入れることが出来ます。

かつての仲間の熱い想いや目標を聞くことで、自身を感化させることにもつながります。

やりがいを感じられないときの対処法➃別の道に進む

自分を見つめ直したり、仲間の話を聞いてもどうしても作業療法士としてのやりがいを取り戻せないときは、思い切って別の道に進むという手もあります。

別の道とは、作業療法士として進む領域や職場を変えたり、作業療法士を辞めて異職種へ転職するということです。

まだそこまで考えていないという方は求人サイトを覗いてみたり、他にどんな職種があるのか検索するだけでも気が楽になって来ますよ。

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅原あかり 菅原あかり 作業療法士/ライター

回復期病院や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションで働いていたが、人間関係によるストレスで退職。現在は副業としてやっていたライター業で本格的に活動し始める。
自身と同じように作業療法士として働く上で悩みを抱えている人の力になりたいとリジキャリのライターとして発信していきたいと考えている。

目次