作業療法士は給料が上がらない?実態を調査します!

「作業療法士は給料が上がらない?」

「作業療法士の給料が安くて困っている」

このような悩みを抱えている作業療法士の方が解決出来る記事です!

この記事を読むと、以下のような点を知ることが出来ます!

●作業療法士の収入の実態
●作業療法士の昇給やボーナスの実態

現在、作業療法士として働いていて給料が上がらない方やこれから作業療法士を目指す上で収入がどれくらいであるのか知りたい方は是非最後まで読んでみてください。

作業療法士がどれくらいの給料をもらえるのか知ることで、作業療法士の収入の実態を把握することが出来ますよ!

目次

作業療法士の収入は実際どれくらい?

作業療法士の給料を調査すると、中々上がらないという声を聞くことが多いと思います。

実際に作業療法士の給料は上がらないのか調査していきます。

作業療法士の給料ってどれくらいもらえる?

作業療法士の平均年収は約400万円です。

しかし、あくまで平均であるために条件や職場によって大きく異なります。

まず卒業した学校が専門学校か大学かで給料が変わる可能性があります

大卒の方が優遇してもらえることが多く、特に私立や短大ではなく国公立大学を卒業していると、一気に給料は上がります。

新卒で採用される際も、専門学校卒と大卒では初任給が違う可能性はあります。

私は公立大学卒業で新卒で就職しましたが、手取りは大体月で20万円ほどであったため、年収だと300万前後と平均年収よりも少なかったです。

作業療法士の給料は地域によって異なる?

これは地域によってかなり差があります。

首都圏を中心とした都心部では物価が高い分、給料も高く新卒で手取りで20万円ほどで、年収にすると300万円前後、ボーナスを合わせると350万円ほどでした。

しかし、結婚して地方に移住すると一気に手取りは下がり、中途採用で手取りで15万円ほどで、年収にすると240万円前後、ボーナスを合わせると300万円ほどでした。

一般的に地方よりも都会の方が作業療法士としての給料が高い傾向にあります。

作業療法士の給料は施設によって異なる?

これは進む領域や施設によって異なります。

医療法人が運営している病院や施設で働いている場合は残念ながら給料がそこまで高くなく、平均して手取りで15万円から20万円前後です。

一般企業が運営している施設やリハビリサービスの下で働いている場合は医療法人が運営している病院や施設で働くよりも、高い給料を貰える可能性が高いです。

また、教育・研究分野に進み大学で働いている方は講師や教授など役職によって、給料が異なってきます。

教授になると高い給料がもらえますが、講師や研究助手などは給料が安いために臨床現場と並行して働いている人もいます。

作業療法士の給料は中々上がらない?

作業療法士の給料が住んでいる地域や働く職場によって異なることはお伝えしました。

今度は実際に作業療法士として働いていく中で、給料は上がっていくのか調査します。

作業療法士は昇給しない?

作業療法士は残念ながらほとんど昇給しません。

経験年数が上がるにつれてサラリーマンなどは昇給していくケースが多いですが、作業療法士は経験年数をいくら積んでも年の昇給額が数百円~数千円程度とほとんど収入に影響がありません。

一般企業が運営する職場で働けば、能力や経験年数によって昇給を期待することは出来ます。

教育・研究分野に進めば、研究成果や論文発表、書籍出版などの実績を積むと、昇給や昇格する可能性は高くなります。

作業療法士のボーナスは安い?

次に作業療法士のボーナスは安いのかお伝えします。

一般のサラリーマンの年間ボーナス支給額は平均で80万円ほどです。

しかし、作業療法士のボーナスは医療法人が運営している病院や施設だと年間60万円前後と平均よりも少ないです。

一般企業が運営する職場だと、月給にボーナスも含まれた金額で支払われている可能性もあり、ボーナス自体が貰えない可能性もあります。

作業療法士はどうしたら給料が上がる?

本業で作業療法士だけで働いていたら給料は一向に上がりません。

収入面で厳しく、生活していく上でも金銭面で苦労しているケースも少なくありません。

では、どうしたら作業療法士は給料が上がるのかを考えると、副業をすることや一般企業に就職・転職することがあります。

副業に関しては働いている職場によっては副業禁止の所もあるため、就業規則を十分に確認してください。

病院や施設ではなく、一般企業に就職・転職すれば収入アップはかなり期待出来るようになります。

副業や転職を考えていない場合はどうしたらいい?

確かに副業や転職をすれば、作業療法士としての収入はアップしますが、作業療法士にやりがいを感じていて本業一本で頑張っていきたいと考えている方もいらっしゃると思います。

そういった場合は作業療法士として働く領域を変える、大学院に進み修士号や博士号を取得する、作業療法士関連の資格を新たに取得することで、収入アップを望めます。

作業療法士のスキルや知識を追求していくことで、役職への昇格や能力を認められて昇給する可能性は高くなります。

教育・研究分野で将来働きたいと考えている方は大学院に進んで修士号や博士号を取得することで、教育・研究分野に進みやすくなるメリットもあります。

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅原あかり 菅原あかり 作業療法士/ライター

回復期病院や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションで働いていたが、人間関係によるストレスで退職。現在は副業としてやっていたライター業で本格的に活動し始める。
自身と同じように作業療法士として働く上で悩みを抱えている人の力になりたいとリジキャリのライターとして発信していきたいと考えている。

目次