作業療法士はストレスを抱えやすい?現状を調査します!

「作業療法士はストレスを抱えやすい?」

「作業療法士はどうしたらストレスを解消出来る?」

このような悩みを抱えている作業療法士の方が解決出来る記事です!

この記事を読むと、以下のような点を知ることが出来ます!

●作業療法士のストレスを抱えやすい要因
●作業療法士のストレス解消方法

現在、作業療法士として働く中でストレスを抱えている方や現在ストレスを抱えており解消法を知りたい方は是非最後まで読んでみてください。

作業療法士のストレスの内容を知ることで、ストレスの現状を把握することが出来ますよ!

目次

作業療法士はストレスを溜めやすい?

作業療法士として働く中で、様々なことでストレスを抱えている方は多いと思います。

今回は作業療法士がどのようなことでストレスを抱えやすいかお伝えします。

作業療法士のストレス要因①人間関係

作業療法士として働く上で一番抱えやすいストレス要因は人間関係です。

作業療法士は看護師や介護士などの他職種と連携して、仕事をしなければなりません。

当然、様々な人が居ますので自分に合う人と合わない人が出てきます。

自分に合わない人と仕事をすると、気まずかったりぎくしゃくしたりとストレスを抱えやすいです。

また、作業療法士は体育会系で上下関係が激しいため、先輩作業療法士や理学療法士から厳しい指導や教育を受ける可能性もあります。

特に新人の頃は右も左も分からない状況なので、先輩や上司に厳しい指導や教育を受けたことでストレスを抱え込みやすい状態にあります。

作業療法士の離職理由の中には人間関係で辞めていく方も多いです。

作業療法士のストレス要因➁責任感の重さ

作業療法士は仕事をする相手が人間であるため、命を扱う責任は重大です。

リハビリを実施していく上で、歩行時や車椅子へ乗り移る際に患者さんを転倒させるなどの事故を起こさないように常に神経を張っています。

慣れて来れば事故などのアクシデントは起こさなくなりますが、新人の頃は患者さんを転倒させたりとミスやアクシデントを起こしやすい時期なので、仕事で抱える責任感の重さに耐えられなくなりストレスを感じる方も多いです。

作業療法士のストレス要因③給料の安さ

作業療法士は給料の安さが原因でストレスを抱えることもあります。

作業療法士の給料が中々上がらない実態については、下記の記事を参照してください。

あわせて読みたい
作業療法士は給料が上がらない?実態を調査します! 「作業療法士は給料が上がらない?」 「作業療法士の給料が安くて困っている」 このような悩みを抱えている作業療法士の方が解決出来る記事です! この記事を読むと、以...

仕事をする目的は人それぞれだと思いますが、中には収入面を重視して仕事をしていらっしゃる方も多いと思います。

しかし、作業療法士は仕事に対する責任の重さや人間関係のストレスを抱え込みやすい現状に反して、毎月もらえる給料は安いことが多いです。

給料が安いと日々の仕事に対するモチベーションが下がり、将来への不安からストレスを抱えやすくなります

作業療法士はどうしたらストレスを解消出来る?

作業療法士が抱えやすいストレス要因を知ったところで、どうしたら日々の仕事で抱えるストレスを解消していくか気になりますよね。

今度は作業療法士がストレスを解消出来る方法をお伝えします。

作業療法士がストレスを解消出来る方法①プライベートを楽しむ

作業療法士がストレスを解消出来る方法として、最も効率的な方法はプライベートを楽しむことです。

休日に家族や恋人、友人と楽しく過ごすことで、仕事へのモチベーションアップにもつながりますし、良い気晴らしにもなります。

趣味がある方は趣味に没頭することで、集中している間は自然と仕事の悩みやストレスを忘られるため、趣味を楽しむという手もあります。

作業療法士がストレスを解消出来る方法➁信頼出来る人に相談する

作業療法士がストレスを解消出来る方法の一つとして、自分が信頼出来る人に仕事のストレスや悩みを相談するという手もあります。

自分一人でストレスや悩みを長期間抱えていると、いずれ限界が来て心身に異常をきたしたり、仕事を辞めざるを得なくなる可能性もあります。

そうなる前に自分が信頼出来る誰かに仕事のストレスや悩みを打ち明けて聞いてもらうことで、自然と心が楽になります。

誰かに相談することにためらいがある方は仕事の同僚などに、冗談ぽく軽い愚痴をこぼすのも一つの手段です。

作業療法士がストレスを解消出来る方法③副業を始める

作業療法士として働いていく中で、給料が安いことがストレスだという方は副業を始めることも一つの手です。

近年、副業に対する認識が寛容になり、副業をOKとする職場が増えてきています。

副業自体の種類も増えてきて、趣味の延長上で稼いでみたりと自分に合った副業法を見つけることも出来ます。

ただし、副業をする際は働いている職場の就業規則で副業禁止になっていないか十分に確認した上で、副業をしましょう。

作業療法士がストレスを解消出来る方法➃思い切って転職する

作業療法士として働くこと自体にストレスを感じている方は、思い切って異職種へ転職するという手もあります。

作業療法士としてのやりがいやモチベーションを見いだせずにストレスを抱えながら働き続けるよりは、違う業種に転職することや違う領域の職場に再就職することも視野に入れておくと気持ちが楽になります。

異職種で働く知り合いや友人に仕事内容や収入状況などを聞いて、転職の相談に乗ってもらうこともおすすめです。

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅原あかり 菅原あかり 作業療法士/ライター

回復期病院や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションで働いていたが、人間関係によるストレスで退職。現在は副業としてやっていたライター業で本格的に活動し始める。
自身と同じように作業療法士として働く上で悩みを抱えている人の力になりたいとリジキャリのライターとして発信していきたいと考えている。

目次