作業療法士におすすめの副業はある?おすすめの副業を紹介します!

「作業療法士とは別に副業したいけど副業出来る?」

「副業したいけどどんな副業がおすすめ?」

このような悩みを抱えている作業療法士の方が解決出来る記事です!

この記事を読むと、以下のような点を知ることが出来ます!

●作業療法士が副業するメリット
●作業療法士が副業する上での注意点
●おすすめの副業はどんな種類があるか


作業療法士とは別に副業を始めたい方やおすすめの副業は何かを知りたい方は是非最後まで読んでみてください。

作業療法士が副業するメリットや注意点、おすすめの副業を知ることで、収入アップが出来ますよ!

目次

作業療法士が副業するメリットはあるの?

作業療法士の平均年収は約400万円程度とサラリーマンの平均年収と比べると少ない年収であるため、生活を支えるために副業を始めたい方は多いと思います。

副業を始める上で、どんなメリットがあるか気になりますよね。

まずは作業療法士が本業とは別に副業を始めるメリットをお伝えします。

副収入が得られる

副業をする最大のメリットは作業療法士の本業とは別に、副収入が得られることです。

副業で得られる収入は平均して月に数万円ほどで、多く稼いでる方は月に数十万円稼ぐ方もいます。

副収入が得られることで、本業の収入だけでは足りなかった生活資金を稼ぐことが出来るため、生活はより豊かになります。

新たな知識やスキルを獲得出来る

副業を始めることで、作業療法士の仕事では得られない新たな知識やスキルを獲得することが出来ます。

副業で得られた知識や経験を活かし、新たな職種への転職や資格挑戦することも可能です。

作業療法士が副業する上での注意点はある?

近年は副業に対して寛容になってきているため、作業療法士が副業可能であるか気になりますよね。

また、副業を始める際の注意点はどのようなものかも押さえておく必要があります。

今度は作業療法士が副業可能であるか、副業をする上での注意点をお伝えします。

副業可能であるかは職場次第

作業療法士が副業可能であるかは現在働いている職場によります。

職場の就業規則には副業可能であるかどうかが書かれており、副業が禁止であれば出来ませんし、副業が可能であれば始めることが出来ます。

就業規則を見ても分からない場合は上司に相談して、副業を始めて良いかどうか確認しましょう。

間違ってもやっていけないのは就業規則を無視して隠れて副業することです。

副業していることがバレれば、最悪解雇になる可能性もあるためにきちんと副業について相談しましょう。

確定申告が必要な場合がある

副業で年間20万円以上稼ぐと確定申告が必要になります。

確定申告をしないと税務署から「所得隠し」とみなされて後日、追徴税を払う可能性があるため副業で年間20万円以上稼いだ際は、きちんと確定申告はしましょう。

確定申告のやり方は自身で専用の本などを見て申告する方法もありますが、分からない場合は税理士に相談するのも一つの手です。

分からないまま税務署に申告すると、不備が見つかり申告し直さなければいけない可能性もあるため、確実に確定申告出来る方法を選ぶべきです。

確定申告で住民税を徴収する際に給料天引きにしていると間違いなく職場にバレるため、副業を始める際は隠さずに相談した上で始めましょう。

体力が持たない可能性がある

副業を始めるとなると、本業とは別に体力と時間を必要とします。

お金を稼ぐことに集中して副業で体力や時間を使い切ってしまい、自分のプライベートの時間がまったく無くなることで心の余裕を持てなくなったり、本業の仕事に影響を及ぼす可能性もあるために副業に割く体力や時間はほどほどにしましょう。

一般企業は副業がOKな所がある

病院や施設では就業規則で副業が禁止されがちですが、一般企業で働いているのであれば副業がOKである可能性があります。

一般企業は就業規則自体が柔軟に作られている所が多く、作業療法士と兼業で副業をしている人もいます。

一般企業でも副業が禁止されている所もあるため、事前に就業規則を確認しましょう。

作業療法士でも副業を始めたい!おすすめの副業はある?

就業規則を確認して副業が可能であれば、どの副業がおすすめか気になりますよね。

作業療法士の専門性を活かしたものから、初心者の方でも出来る簡単な副業まで様々あるため、今度は作業療法士におすすめの副業を紹介します。

おすすめの副業①Webライター(特に医療系)

作業療法士におすすめの副業として、Webライターがあります。

特に医療系の分野での記事作成で活動出来る医療ライターは作業療法士の専門性や経験を活かせるおすすめのライタージャンルです。

他にも自分の趣味や経験を活かした様々な執筆ジャンルがあるため、自分に合ったジャンルでライターを始めてみてください。

おすすめの副業➁ブログ

作業療法士の知識や経験をブログで投稿して稼ぐという手もあります。

日々の仕事の中で身に付けた知識や経験を一般の人向けにアレンジして、情報や技法を提供することでブログを見てもらえる可能性は高くなります。

ただし、ブログだけを運営していると収益にはならないため、アフィリエイトという広告収入を申請する必要が有ります。

おすすめの副業③スキル売り

作業療法士の知識や経験自体をスキルとして売る方法もあります。

スキル売りで稼げるサイトである「ココナラ」では、医療職系のスキルが販売されており、その収益によって副業として稼いでいる人もいます。

作業療法士であれば、肩こりや腰痛に悩む人向けに自身が知っている改善法を提供したり、精神領域で働いている方は心理相談などのスキルを販売して稼げるチャンスがあります。

おすすめの副業➃他施設でのバイト

ネット上だけでなく、本業で作業療法士として働いている職場とは別に他の施設で働くという手もあります。

介護施設は非常勤でアルバイトを募集している所がありますし、デイサービスやデイケアは機能訓練指導員を募集している所があります。

領域別では、発達障がい児をサポートする施設で児童指導員として働く働き方もあります。

本業とは違った老健や発達領域で副業を始めることで、作業療法士として新たな知識や経験を得ることが出来ます。

おすすめの副業➄日雇い・短期でのバイト

作業療法士とは全く関係のない日雇いや短期でのバイトで働くのも一つの副業の稼ぎ方です。

本業が忙しく時間が限られている場合は深夜の時間帯で働くことの多い警備員や、土日のみ仕事がある日雇い・短期でのバイトを活用すると、スキマ時間に副業を始めることが出来ます。

ただし、飲食業などの接客を必要とするバイトは本業の職場の同僚などに会う可能性もあり、気まずくなるためにおすすめのバイトの職種は接客業を避けてイベントスタッフや試験管監督などのバイトをおすすめします。

自分に合った副業を見つけるのがベスト

作業療法士が副業するメリットや注意点、おすすめの副業をお伝えしましたが、自分に合わない副業を選択してしまうことで本業とは別のストレスを抱える可能性もあります

そのため、副業を始める際は自分に合った副業を見つけて始めると、ストレスを抱えることなく稼げます。

副業をすることで、作業療法士としてスキルアップ出来る可能性もあるため、目的に合わせた副業を選ぶことが大切です。

注意すべき点は本業の作業療法士の仕事がおろそかになることであるため、あくまで仕事に影響のない範囲で副業を行いましょう。

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅原あかり 菅原あかり 作業療法士/ライター

回復期病院や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションで働いていたが、人間関係によるストレスで退職。現在は副業としてやっていたライター業で本格的に活動し始める。
自身と同じように作業療法士として働く上で悩みを抱えている人の力になりたいとリジキャリのライターとして発信していきたいと考えている。

目次