作業療法士がゆっくり働ける方法はある?

「忙しく働くのは疲れたからのんびり働きたい!」

「作業療法士がゆっくり働ける方法はあるの?」

このような悩みを抱えている作業療法士の方が解決出来る記事です!

この記事を読むと、以下のような点を知ることが出来ます!

●作業療法士はゆっくり働けるのか
●作業療法士がゆっくり働ける方法
●作業療法士がゆっくり働く際の注意点


作業療法士はゆっくり働けるのか、ゆっくり働く方法や注意点を知りたい方は是非最後まで読んでみてください。

ゆっくり働く方法を知ることで、仕事だけでなくプライベートも充実することが出来ますよ!

目次

作業療法士は本当にゆっくり働けるの?

作業療法士として忙しい日々を送る中で、もう少しゆっくり働きたいと思う方もいらっしゃいますよね。

そんなゆっくり働きたい方に、果たして作業療法士はゆっくり働けるのかお伝えしていきます

作業療法士の働き方は変わってきている

作業療法士の働き方は近年、変化して来ています。

従来の働き方は病院や施設に就職して、朝早くから働き始め、月末には書類整理で残業もこなさなければなりませんでした。

しかし、最近は病院や施設だけでなく、一般企業に就職したり、フリーランスとして活躍する作業療法士も増えています。

一般企業やフリーランスはゆっくり働ける

近年、作業療法士の新しい働き方として、一般企業に就職・転職したり、フリーランスとして活躍する作業療法士も増えてきています。

一般企業やフリーランスで働けば、勤務時間は整備されているか、自分で決めることが出来ますし、残業も少なく、休みもしっかりと取ることが出来ます。

病院や施設のように、臨床現場の緊迫した雰囲気や忙しさは無く、ゆっくりと働くことが出来ます。

作業療法士がゆっくり働けるのはどんな方法があるの?

作業療法士はゆっくり働けることが分かったところで、今度は作業療法士がゆっくり働くにはどのような方法があるのか紹介していきます。

一般企業に就職・転職する

近年、作業療法士の資格を必要とする一般企業が増えてきています。

作業療法士の資格を活かして、企業の事業に貢献し、社員として働く方法があります。

一般企業は勤務時間がきちんと整備されているところが多く、残業も少なく、休日もしっかりとれるため、おすすめの働き方です。

医療ライターとして働く

作業療法士がフリーランスとして働く、新たな働き方を選択する人も増えてきています。

フリーランスとして働くおすすめの方法は、医療ライターです。

医療ライターは作業療法士の資格や知識、経験を活かして働けるため、プロ目線で記事を執筆することが出来ます。

セミナー・講座の講師として働く

作業療法士の資格や経験を活かして、全国各地を飛び回り、セミナー・講座の講師として働く方法があります。

臨床で経験した症例や研究の成果や、身につけた知識や経験を同業者だけでなく、一般の人向けに講師として披露していきます。

ただし、セミナー・講座の講師の求人は少ないため、セミナー・講座の講師として働いている人を知っているのであれば、セミナー・講座の講師の仕事がないか、相談してみることをおすすめします。

アドバイザーとして働く

作業療法士の資格や経験を活かして、企業のアドバイザーとして働く方法もあります。

一般企業で働く働き方はあくまで社員として働くため、アドバイザーとして働く働き方とはまた違ってきます。

より専門的で正確性の高い知識や経験を元に、企業の事業や運営にかかわっていく必要があります。

養成校の教員として働く

作業療法士としてゆっくり働くには、大学や専門学校などの作業療法士養成校で働く手もあります。

養成校の教員として、学生たちに授業をしたり、課題や実技を指導したり、症例を研究して働いていきます。

しかし、養成校の教員は経験年数が少ないとなれない可能性が高いため、ある程度は臨床で経験を積んで、知識と経験年数を積んでから、教員を目指すことをおすすめします。

起業する

最初の内は資金繰りや準備で忙しいかもしれませんが、起業して事業が軌道に乗ると、ゆっくり働くことが出来ます。

自分が社長になることで、勤務時間も残業も休日も自分で決めることが出来るため、事業や業績が安泰すればゆっくり働けるようになります。

しかし、起業するには事前の入念な準備や資金繰りが必要になってくるため、ハードルは高く感じてしまいます。

作業療法士がゆっくり働く際の注意点はある?

作業療法士がゆっくり働く方法を知ったところで、最後はゆっくり働く際の中点はあるのかどうかお伝えしていきます。

安定した給料は期待できない

従来の病院や施設で働く働き方は確かに忙しいですが、安定した固定給やボーナスを貰うことが出来ます。

一方で、ゆっくり働きたいと思って、一般企業やフリーランスとして働き始めると、安定した固定給がもらえない可能性もあります。

一般企業は事業の規模によって、給料はまちまちですし、特にフリーランスとして働く場合は毎月収入が不安定になるため、作業療法士だけで食べていけない可能性も考えなければなりません。

求人が少ない

作業療法士の新しい働き方が増えてきたとはいえ、まだまだ病院や施設の求人数ほどの一般企業の求人は少ないですし、フリーランスとして働く場合は自分から行動して、クライアントに営業をかけなければなりません。

病院や施設で働いていた時のように、仕事を与えられるのではなく、自分から仕事を取りにいかなければならないため、コミュニケーション能力や交渉術、営業力の上手さによって仕事がもらえるかどうかが変わってきます。

スケジュール管理が大変

一般企業に就職すれば勤務時間は決まっていますが、フリーランスとして働く場合は勤務時間も休日も残業も、全部自分で決めなければなりません。

時にはクライアントに合わせて、夜遅くまで働いたり、朝早くから仕事をしなければならない時もあります。

クライアントとのやり取りも欠かせず行う必要があり、常に携帯電話が手放せなくなる可能性があるため、気が休まらないと思う人も居ます。

資金繰りが大変

作業療法士の資格を活かして、セミナー・講座の講師になったり、起業することを目指すのであれば、資金繰りの大変さを考えていく必要があります。

セミナー・講座の講師は全国各地を飛び回るため、宿泊費や交通費がかかりますし、起業するとなれば、資本金を用意する必要があるため、手元に貯金が無ければ銀行から借りなければなりません。

一般企業に就職すれば、出張の際に経費で宿泊費や交通費を負担してくれますが、フリーランスとしてセミナー・講座の講師として働く場合は、セミナー・講座を依頼した側が負担してくれない限りはすべて自己負担になってしまいます。

ゆっくり働けるはずが、逆に忙しくなる可能性もある

ゆっくり働けると思って、一般企業に就職したり、フリーランスとして働き始めたにもかかわらず、思った以上に忙しくなってしまう可能性も十分にあり得ます。

特にフリーランスはクライアントの仕事具合やスピードに左右されることが多いため、ライターであれば納期で忙しくなったり、起業するのであれば資金繰りや起業準備に奔走しなければなりません。

ゆっくり働けるかどうかは、転職する前に入念に情報を収集して、本当に転職後にゆっくり働けるかどうか、きちんと確認してから転職することをおすすめします。

作業療法士がゆっくり働けるかどうかは自分次第

作業療法士がゆっくり働けるかどうか、ゆっくり働ける方法、ゆっくり働く際の注意点をお伝えしてきましたが、本当に作業療法士がゆっくり働けるかどうかは、自分次第になってきます。

一般企業に就職すれば、勤務時間は整備されているためにゆっくり働けますし、フリーランスとして働く場合は、自分でスケジュール管理をして、ゆっくり働くか、忙しく働くかは自分で決めていかなければなりません。

しかし、病院や施設で働くよりも、自分らしく、自分のペースで働けるようになるため、ゆっくり働くのはおすすめの働き方ですよ。

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅原あかり 菅原あかり 作業療法士/ライター

回復期病院や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションで働いていたが、人間関係によるストレスで退職。現在は副業としてやっていたライター業で本格的に活動し始める。
自身と同じように作業療法士として働く上で悩みを抱えている人の力になりたいとリジキャリのライターとして発信していきたいと考えている。

目次