作業療法士が稼ぐ方法はどんな手段がある?おすすめの稼ぎ方を紹介!

「作業療法士として働いているけどもっと稼ぎたい…」

「おすすめの稼ぎ方があればぜひ知りたい!」

このような悩みを抱えている作業療法士の方が解決出来る記事です!

この記事を読むと、以下のような点を知ることが出来ます!

●作業療法士が稼ぐにはどんな方法があるか
●作業療法士が稼ぐ方法を目的別に紹介


作業療法士が稼ぐにはどんな方法があるかを知りたい方や自分に合った稼ぐ方法を知りたい方は是非最後まで読んでみてください。

作業療法士が稼ぐにはどんな方法があるか、自分に合った稼ぐ方法をどんなものがあるかを知ることで、生活が余裕が出て心身ともに豊かになりますよ!

目次

作業療法士はどんな方法で稼ぐことが出来るの?

作業療法士の一般的な年収だけでは満足のいく金額ではない方もいらっしゃいます。

今回は作業療法士が稼ぐためにはどんな方法があるかご紹介します。

待遇の良い職場に転職する

作業療法士が稼ぐ方法としてまず挙げられるのが、待遇の良い職場に転職することです。

待遇の良い職場とは、給料が高い、ボーナスや昇給が高い、福利厚生が充実しているといった条件を満たしていることです。

現在働いている職場の待遇と転職先の待遇を求人票で比較してみて、より待遇の良い職場で働くことが出来れば作業療法士として稼げるようになります。

管理職に就く

作業療法士としての経験年数が豊富であれば、リーダー職などの管理職に就くと作業療法士として稼げるようになります。

管理職に就くと役職手当がもらえるようになるため、仕事の負担は増えますが給料がアップする傾向にあります。

管理職のポジションを狙っている方は現在の職場で管理職は募集していないか確認したり、転職先の求人で管理職が募集されていないかチェックしてみましょう。

スキルアップをする

作業療法士として働くのに有利になる資格を取って、スキルアップすることでも稼げるようになります。

認定作業療法士や専門作業療法士、福祉住環境コーディネーターの資格などは作業療法士の資格と併用して取得していると、作業療法士としての価値が高まって給料アップを図ったり、転職先で好待遇で就職出来る可能性が高いです。

いずれの資格も取得するには時間がかかるため、あらかじめ入念な準備をして資格試験に臨みましょう。

副業やアルバイトをする

副業やアルバイトをすることも作業療法士が稼ぐ方法の一つです。

作業療法士関連の副業やアルバイトは作業療法士のスキルを売って稼げるココナラを利用したり、現在の職場とは別に週末にバイトで稼げる老健施設などがおすすめです。

趣味や特技があれば、それらを活かしてWebライターやデザイナー、動画編集など様々な副業の種類があります。

ただし、副業やアルバイトをする際は現在の職場に黙って行うのではなく、あらかじめ副業やアルバイトをしても大丈夫であるか確認してから始めましょう。

一般企業に転職する

作業療法士としての働き方を変えることも稼ぐ方法として挙げられます。

近年、一般企業でも作業療法士の資格を必要とするところが増えてきており、作業療法士として一般企業に転職したり、作業療法士の資格を活かして新たな事業に携わる企業の社員として働く働き方があります。

一般企業は病院や施設で働くよりも待遇や給料が良いところが多いため、作業療法士として稼げるようになります。

転職活動の際は作業療法士の資格を必要としている一般企業の求人が募集されていないかチェックしてみましょう。

都市部や海外で働く

作業療法士として稼ぐ方法は働く地域を変えることも一つの手です。

国内は年収に地域格差があり、都市部に行くほど給料が高く稼げる傾向にあります。

また、欧米やヨーロッパでは作業療法士の地位が日本よりも高く、貴重な人材として扱われるために給料が高く稼げます。

現在、地方で働いている方は作業療法士として働く地域を変えることで稼げるようになることが多いです。

作業療法士養成校で働く

作業療法士としてのキャリアが豊富であれば、作業療法士を養成する専門学校や大学の講師や教授として働くことでも稼げます。

養成校で募集している求人は大抵が大学院卒で修士か博士課程を持っていることが条件であり、求人自体も少ないために狭き門ではありますが、給料は作業療法士として働くよりも安定してもらえることが多いです。

大学の准教授や教授クラスになれば、大幅な収入アップも望むことが出来ます。

起業する

作業療法士の資格と経験を活かして、自身で起業するという手もあります。

医療分野の情報技術の発展は目覚ましいものがあり、作業療法士の知識と経験を生かした新しい事業を考え出すことが出来れば、起業して会社を立ち上げて利益を得ることも出来ます。

ただし、起業するためには資本金や入念な準備が必要であるため、慎重に行いましょう。

自分にはどんな稼ぐ方法が合ってる?目的別におすすめの稼ぎ方を紹介!

作業療法士の様々な稼ぐ方法をお伝えしましたが、どんな稼ぐ方法が自分に合ってるか分からない方もいると思います。

次は目的別におすすめの稼ぐ方法をご紹介します。

作業療法士の価値を高めたい場合

自身の作業療法士としての価値を高めながら稼ぐ方法としておすすめなのが、管理職に就く、スキルアップをする、作業療法士養成校で働くことです。

作業療法士としての豊富な知識や経験を活かすことが出来たり、作業療法士としてさらに成長するために資格を取得して稼げるようになるためにベストな方法です。

作業療法士の価値自体を高めることで、転職市場で貴重な人材として扱われ、より待遇の良い職場からスカウトされることもあります。

作業療法士の資格を活かしたい場合

作業療法士の資格を活かして稼ぎたいと考えている方は一般企業に転職する、都市部や海外で働く、起業することがおすすめです。

病院や施設で働いていた時とはまた違った、作業療法士の資格を活かして企業の事業内容に携わる、待遇の良い都市部や海外で働く、自身で事業内容を考えて起業することで収入をアップさせる方法もあります。

作業療法士の資格を活かして転職したい場合は時間がかかることが多いため、現在の職場で働きながら転職活動をしたり、入念な準備を行っていきましょう。

作業療法士とは関係なく稼ぎたい場合

作業療法士とは関係なく稼ぐ方法は副業やアルバイトをすることです。

アルバイトの中には作業療法士として他の老健施設で働く方もいますが、作業療法士とは関係ない警備員や工場スタッフなどのアルバイトをする方もいます。

副業も作業療法士とは関係なく、自分の趣味やスキルを活かして動画編集やブログ、資産運用などで稼ぐ方法があります。

アルバイトや副業の収入で稼ぎたい場合は現在働いている職場にはしっかりと申告した上で、稼ぐことをおすすめします。

作業療法士が稼ぐ方法は稼ぐ目的による

作業療法士が稼ぐ方法を色々とお伝えしてきましたが、作業療法士として価値を高めながら稼ぎたいのか、作業療法士の資格を活かして稼ぎたいのか、作業療法士とは関係なく稼ぎたいのかといった稼ぐ目的によって、おすすめの稼ぐ方法は変わってきます。

自分はどのような目的で稼ぎたいのかを事前にしっかりと考え、目的や自分に合った稼ぐ方法を見つけることが何よりも大切です。

自分に合った稼ぐ方法を見つければ、作業療法士として成長するだけでなく、生活に余裕が出ることでプライベートを充実させることも出来ますよ!

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅原あかり 菅原あかり 作業療法士/ライター

回復期病院や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションで働いていたが、人間関係によるストレスで退職。現在は副業としてやっていたライター業で本格的に活動し始める。
自身と同じように作業療法士として働く上で悩みを抱えている人の力になりたいとリジキャリのライターとして発信していきたいと考えている。

目次