作業療法士の転職で多い理由は?ポジティブに変換出来るコツも紹介!

「作業療法士で転職したい理由はどんなものが多いの?」

「転職理由をポジティブなものにしたい…」

このような悩みを抱えている作業療法士の方が解決出来る記事です!

この記事を読むと、以下のような点を知ることが出来ます!

●作業療法士の転職理由で多い原因
●転職理由をポジティブな理由に変えるコツ


作業療法士が転職したいと思う理由や転職理由をポジティブな理由に変えるコツを知りたい方は是非最後まで読んでみてください。

作業療法士がどのような理由で転職したいか、転職理由をポジティブな理由に変えるコツを知ることで、面接時に面接官に好印象を与えることが出来て転職を成功しやすくなりますよ!

目次

作業療法士の転職の理由で多い原因は何がある?

作業療法士として働いている中で、転職したいと思うことは一度はあると思います。

今回は作業療法士が転職したいと思う原因についてご紹介します。

労働環境の悪化

作業療法士が転職したいと思う理由の一つに労働環境の悪化が挙げられます。

労働環境の悪化とは、残業時間が多かったり、休日が少ないことを指します。

職場によって異なりますが、リハビリ業務以外の書類業務などで残業時間が増えたり、休日が少なくてプライベートの時間が取れなくなると転職したいと思う原因になります。

人間関係の悪化

作業療法士が転職したいと思う理由で多いのが、人間関係の悪化です。

作業療法士は上下関係が厳しく、先輩療法士や上司に厳しい指導や指摘を受けることがあります。

また、多職種との連携も必要であり、性格が合わないスタッフと仕事をしているとストレスを抱えやすいです。

職場の人間関係に疲れて転職したいと思う方は非常に多いです。

給料が安い

作業療法士の平均年収は約400万円と、サラリーマンの平均年収よりも約60万円ほど少ないです。

ボーナスや昇給も期待できないことが多いため、収入が少ないと生活が困窮しやすいです。

給料が安いことが原因で、転職したいと思う方もいらっしゃいます。

責任が重い

作業療法士は患者の生活を預かる責任のある仕事です。

リハビリを行う際は転倒や転落などの事故をはじめ、様々なリスクに細心の注意を払ってリハビリをしなければなりません。

患者の生活や今後の人生を預かっているという常にプレッシャーがかかっている状況に耐えかねて、転職したいと思う理由の一つになります。

教育・研修制度が整っていなかった

新卒で入職した作業療法士であれば、臨床の現場で作業療法士を育成する教育制度が整っていなかったり、勉強会や症例報告などのシステムが十分に確立していなかった際に転職したいと思う原因になります。

教育・研修制度が十分に整っていないと、作業療法士としての成長を見込めず、中途半端であいまいな知識や経験の下でリハビリ業務を行ってしまう可能性があり、リスクにもつながりやすくなります。

体力的にきつかった

作業療法士の仕事は領域によっては非常に体力を使う仕事です。

特に身体領域の回復期では、担当する患者の介助度によって全身を使って介助に入らなければならない時があります。

その重労働が毎日続くと、いずれ身体を痛めて体力的にきつくなり、転職したいと思う原因になります。

スキルアップ・キャリアアップしたい

作業療法士として成長したいと様々な領域や分野を経験して、スキルアップ・キャリアアップを図りたいという目的で転職したい方もいらっしゃいます。

スキルアップ・キャリアアップすることで、作業療法士としての経験も積めますし、役職に就きやすくなったり、給料アップも望めます。

転職したいと思う理由はネガティブなものだけでなく、前向きな理由で転職したいと思う方も多いです。

家庭の事情や出産育児との両立が難しい

家庭の事情や出産育児との両立が難しいため、転職したいと思う理由の一つになります。

ライフスタイルが大きく変わったことで、働き方もライフスタイルに合ったものにしたいと時短勤務や残業が少ない職場に転職したいと考える方もいます。

家族との時間を増やしてプライベートの時間を確保するため、ライフスタイルに合った働き方が出来る職場に転職したいと考える理由になります。

転職活動の際はポジティブな理由のほうがいいの?

作業療法士が転職したいと思う理由を知ったところで、実際に転職活動をする際にどんな理由で履歴書や面接で答えることがおすすめかをご紹介します。

転職理由がネガティブなものだとイメージが悪い

転職活動をする際に面接でネガティブな理由が原因で転職したいと答えると、面接官に悪印象を与えてしまいます。

ネガティブな転職理由の例として、「人間関係に疲れた」「給料が安い」「残業が多い」などが挙げられます。

採用する側は人材に意欲や即戦力を求めて採用したいため、ネガティブな理由で前の職場を辞めたことを知ってしまうと、意欲がないという印象や採用してもすぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまうため、これらの理由を正直に答えることは止めましょう。

転職理由は前向きなものがベストである

転職理由がポジティブで前向きなものであれば、面接官に対して好印象を与えられて転職に成功しやすいです。

ポジティブな転職理由の例として、「スキルアップ・キャリアアップしたい」「経験や知識を積みたい」などが挙げられます。

前向きな転職理由を面接時に答えることで、面接官に意欲があることやすぐに職場になじみたい・働きたいという気持ちが伝わるため、おすすめの答え方です。

正直すぎる転職理由は印象が良くない

転職理由の一つに「給料が良かったから」「待遇が良かったから」といった理由で転職したいと考える方も多いです。

しかし、面接時に正直に上記のように答えると条件面で面接を受けたと思われてしまうため、あくまで転職理由の主体は「スキルアップ・キャリアアップしたかったから」などのポジティブな理由を前面に出して、好待遇の条件面は補足的なものであるとアピールすると、面接官に好印象を与えられます。

やむを得ない理由でも答え方によっては好印象を与えられる

家庭の事情や出産育児との両立が難しいなどのやむを得ない理由が転職理由であっても、答え方によっては面接官に好印象を与えることが出来ます。

NGな例として、「介護に専念しなければならないため仕方なく」「出産育児との両立が難しいためやむを得なく」などの仕方ない感じややむを得ない感じが伝わると、ネガティブな印象を与えます。

ベストな例として、「家族と過ごす時間を増やしたかったから」「今は家族を優先させたかったから」などのやむを得ない理由ではありつつも、あくまでその事情を前向きなものとしてとらえていると伝えると、好印象を与えられます。

転職理由は人それぞれ違う

作業療法士が転職したいと思う理由は人それぞれ異なってきます。

「人間関係に疲れた」「給料が安い」「残業が多い」などのネガティブな理由もあれば、「スキルアップ・キャリアアップしたい」といったポジティブな理由、「家庭の事情や出産育児との両立が難しい」などのやむを得ない理由までさまざまあります。

しかし、転職活動をする際は面接時に出来るだけ面接官に好印象を与えられるように、転職理由を前向きでポジティブな理由に変換して伝えることがおすすめです。

転職理由をいかに前向きでポジティブな理由で答えられるかによって、転職に成功出来るかどうかが変わってきますよ。

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅原あかり 菅原あかり 作業療法士/ライター

回復期病院や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションで働いていたが、人間関係によるストレスで退職。現在は副業としてやっていたライター業で本格的に活動し始める。
自身と同じように作業療法士として働く上で悩みを抱えている人の力になりたいとリジキャリのライターとして発信していきたいと考えている。

目次