作業療法士が転職する際にベストなタイミングはある?

「作業療法士で転職したいけどベストなタイミングはいつなの?」

「ベストなタイミングで転職して円満に退職したい」

このような悩みを抱えている作業療法士の方が解決出来る記事です!

この記事を読むと、以下のような点を知ることが出来ます!

●作業療法士が円満に退職するコツ
●作業療法士が転職する際のベストなタイミング
●作業療法士が転職する際のベストな時期
●自分のタイミングで転職したい場合の対処法


作業療法士が転職する際にベストなタイミングや時期を知りたい方は是非最後まで読んでみてください。

作業療法士がどんなタイミングで転職すると良いかを知ることで、転職に成功出来る可能性が高まりますよ!



目次

作業療法士が転職する際に円満に退職するにはどうしたらいい?

作業療法士が転職する際になるべく円満に今の職場を退職したいですよね。

円満に退職できる可能性の高い転職のベストなタイミングをご紹介します。

退職の申し出は早めにするべき

今の職場を退職して転職したいと考えている方はなるべく早めに退職の申し出をするべきです。

最低でも3か月前には退職の申し出を行い、仕事の引継ぎをきちんと終わらせてから退職すると円満に退職できます。

直前になって急に退職の申し出をすると受理されない場合が多く、仕事の引継ぎもバタバタしてしまい同僚や患者に迷惑をかけてしまうため、早めに申し出ましょう。

退職の理由は前向きなものにする

退職したいと申し出る際に理由が前向きなものであれば、スムーズに退職の申し出が通りやすいです。

結婚や出産、配偶者の転勤、自身のキャリアアップのためなど、人生の転換期であるタイミングであることを退職の理由にするとポジティブなものと捉えられやすいです。

間違っても今の職場の上司が嫌いであったり、仕事の内容が嫌いなどネガティブな内容で正直に退職を申し出ることは止めましょう。

転職したい時期を逆算して考える

作業療法士が転職にかかる時間はおおよそ3か月~半年と言われています。

自分が転職したい時期から転職にかかる時期と退職を申し出る時期を逆算して考えると、転職したい時期の1年前ほどから転職活動を始めることをおすすめします。

転職活動の時期を十分に設けることで、ゆとりを持つことが出来て希望する条件とマッチした求人も見つかりやすくなります。

作業療法士が転職する際にベストなタイミングはいつなの?

作業療法士が転職する際に円満に退職する方法を知ったところで、今度は転職する際のベストなタイミングについてお伝えします。

新卒1年目はなるべく転職しない方が良い

新卒1年目で今の職場を辞めて転職を考えている方はよほどの理由がない限り、もう少し時間をおいて転職することをおすすめします。

結婚や出産などのやむを得ない理由でない限り、次の職場で就職面接の際に必ずなぜ新卒1年目で辞めてしまったのか聞かれるからです。

新卒1年目で辞めてしまった経験はかなりマイナスなイメージを抱かれやすいため、もう少し時期を置いてから再度転職活動を始めるべきです。

2年目~4年目は転職に最適な時期

新卒1年目が過ぎて、2年目以降は転職に最適な時期となります。

実際に2年目からは転職活動を始める方も多く、就職面接の際も前向きな転職理由であれば好印象を抱かれやすくなります。

一方で、同じように転職を目指すライバルも多いため、早めの行動と多くの情報を収集することがライバルと差をつけるポイントとなってきます。

転職しやすい年齢はある程度ある

一般の転職の際にも年齢制限はあるように、作業療法士が転職する際も年齢制限はある程度あります。

採用する側はなるべく将来有望で、育成しがいのある人材を求めていますので、定年が近い人材や成長を見込めない人材は採用してくれません。

臨床で働く側ではなく、管理職の求人を狙って転職する際は経験年数の多い人材の方が経験豊富でリーダーとして期待できるため、管理職のポジションを考えている場合には経験年数が多い方がおすすめです。

作業療法士が転職しやすい時期は1年の中でいつなの?

作業療法士が転職する際のベストなタイミングを知ったところで、次は1年の中でいつの時期が転職しやすいのかご紹介します。

節目(3月と9月)は求人が多い

職場によって時期は異なってきますが、節目とされる3月と9月は求人が増えます。

採用する側も辞める人が多く、新たな人材を求めている時期であり、採用されて入職するのが4月か10月になるため、事務的な手続きなども楽になるからです。

同時期に転職活動をしているライバルも同じように考えており、条件の良い求人はすぐに見つけられてしまいやすいため、定期的に求人情報は確認しておきましょう。


ボーナス受給後も狙い目

ボーナスをきちんともらった後で転職するのも賢い手の一つです。

ボーナス受給は職場によって異なりますが、平均で8月と12月が多いです。

転職するタイミングがボーナス受給の時期に合わせるように、転職活動を始める時期を逆算して考えてから行動することをおすすめします。

ボーナスを貰い損ねたまま転職してしまうのは非常にもったいないため、ボーナスをしっかりと貰った後に転職するのがベストです。

自分のタイミングで転職したい場合はどうすればいい?

人間関係に疲れたなどの理由でどうしても自分のタイミングで転職したい場合もありますよね。

その際はどのようにすれば転職しやすいかお伝えします。

転職ではなく休職する手もある

人間関係に疲れたなどの理由でストレスを抱えて精神的に参っている場合は、転職ではなく休職して働くこと自体を休むという手もあります。

まずは今の職場に休職したい旨を伝え、本当に自分が転職する必要があるのかを改めてゆっくりと考え直す時期を設けることが大切です。

休職中の給料や傷病手当の有無は職場によって異なるため、しっかりと上司と確認した上で休職に入りましょう。

転職に成功した仲間に相談してみる

自分と同じように人間関係に疲れたなどの理由で退職し、転職に成功した仲間が周りに居たのであれば、どのようなタイミングで退職を申し出て転職につなげたのか相談してみることもおすすめです。

履歴書記入の際や就職面接の際に退職理由や時期をどのように伝えたことで、転職が成功に至ったのかを聞くことが出来るため、参考にしやすいです。

その際に休職も視野に入れたのか、直接転職活動を進めたのかも聞くことが出来ます。

転職サポートの専門家に任せる

自分だけで転職活動を進めずに、作業療法士を始めとした医療従事者の転職サポートの専門家に任せるのもおすすめです。

リジキャリでは、臨床経験や転職経験が豊富なキャリアサポーターが居ますので、転職に最適なタイミングや自己都合で退職したい場合の円満な退職の仕方についてアドバイスしてくれます。

一人で抱え込まずに転職サポートの専門家に任せることで、転職を成功させる可能性が高くなります。

転職するタイミングは時期に余裕を持たせることが大切

作業療法士が転職を成功させるには転職のタイミングに余裕を持たせることが重要となってきます。

早めに退職を申し出ることで、仕事の引継ぎや事務手続きがスムーズに進みやすく、円満退職にもつながりますし、早めに転職活動を開始することでライバルと差を付けられ、希望する条件とマッチする求人が見つかる可能性が高くなります。

転職したいと考えている方は1年ほどの準備期間を設けて、転職活動を進めることで転職を成功させる確率を高められますよ。



無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅原あかり 菅原あかり 作業療法士/ライター

回復期病院や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションで働いていたが、人間関係によるストレスで退職。現在は副業としてやっていたライター業で本格的に活動し始める。
自身と同じように作業療法士として働く上で悩みを抱えている人の力になりたいとリジキャリのライターとして発信していきたいと考えている。

目次