作業療法士は一般企業に就職出来る?実態を調査します!

「作業療法士は一般企業に就職出来るの?」

「作業療法士が一般企業に就職するメリットとデメリットを知りたい!」

このような悩みを抱えている作業療法士の方が解決出来る記事です!

この記事を読むと、以下のような点を知ることが出来ます!

●作業療法士が一般企業に就職出来るか
●作業療法士が一般企業に就職するメリットとデメリット
●作業療法士が一般企業に就職する際に必要な準備


作業療法士で一般企業に就職したいと思っている方や作業療法士が一般企業に就職するとどんなメリット・デメリットがあるか、どんな準備が必要か知りたい方は是非最後まで読んでみてください。

作業療法士が一般企業に就職出来るかや、作業療法士が一般企業に就職するメリット・デメリット、必要な準備を知ることで、新たな働き方の形を見つけることが出来ますよ!

目次

作業療法士は一般企業に就職出来るの?

作業療法士が就職先に選ぶのは病院や施設が多いですが、一般企業でも就職可能であるか気になりますよね。

今回は作業療法士が一般企業に就職出来るかお伝えします。

作業療法士の資格は一般企業でも強みになる!

作業療法士の資格は国家資格であり、大学や専門学校で専門の知識を学んでから受験資格が得られます。

作業療法士の国家試験の合格率は80%前後と、高い数値ではありますが決して簡単に取れる資格ではありません。

そのため、一般企業で就職先を探す際も作業療法士の資格を必要としている企業があり、一般企業で作業療法士の資格を活かして働くことが出来ます。

作業療法士として一般企業で働く形もあれば、作業療法士の知識や経験を活かして一般企業の事業に関わっていくという形もあります。

資格があれば転職しやすい

作業療法士として病院や施設で働いた経験を活かすことで、一般企業に転職しやすいというメリットもあります。

作業療法士の資格や作業療法士として働いた実績があれば、一般企業に就職する際も他の転職者に比べて有利に働きやすく、転職先が決まりやすいです。

作業療法士の資格は国家資格であるため、民間資格所持者や無資格者よりも価値が高く扱われることが多く、一般企業でも採用されやすいです。


一般企業で働いた経験のある作業療法士は貴重である

作業療法士は病院や施設で働いている方が多数を占めています。

一般企業で作業療法士として働いた経験があると、他の企業や業界に転職する際に貴重な人材として扱われることが多いです。

人材価値の高い作業療法士は他の企業や業界で就職試験を受けても転職を成功させやすい傾向にあります。

作業療法士が一般企業に就職するメリットとデメリットはある?

作業療法士が一般企業で就職出来ると知ったところで、今度は作業療法士が一般企業に就職した場合のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット①柔軟な働き方が出来る

作業療法士は病院や施設で働いていると、始業時間が早く朝が苦手な人には辛いです。分野によっては土日祝日が休みで無いところもあり、働き方が不規則になりやすいです。

一般企業に就職すれば、始業時間はある程度遅いために朝が苦手な人でもゆっくりと通勤して仕事を始めることが出来ます。

休日も土日祝日休みである就職先を選択すれば、十分なプライベートの時間を確保することが出来ます。


メリット②人間関係に悩まされない

病院や施設は独特な雰囲気があり、患者の命や生活を預かっている事もあって常に緊張感が張り詰めています。

働くスタッフも緊張感からか仕事に厳しい人や性格が気の強い人が多く、人間関係に疲れやすい傾向にあります。

一般企業で就職すれば医療職以外の社員もいるため、人間関係に悩むことなく、和気あいあいと楽しく仕事をしやすくなります。


メリット③残業が少ない

一般企業は就業時間がきちんと整備されている所が多く、病院や施設で働いていた時のような残業が少ないです。

残業が多ければプライベートの時間を十分に確保出来ず、ストレスを抱えやすいですが、残業時間が短ければプライベートが充実させることが出来て家族や友人と過ごす時間も増えます。

プライベートの充実は仕事に対するモチベーションにもつながってくるため、非常に大事なことです。


デメリット①ビジネスマナーを学ぶ必要がある

一般企業に就職する際はビジネスマナーが必須となってきます。

病院や施設で働いていた頃は必要なかった名刺交換や営業・接待、メールの返信の仕方、敬語の使い方などを一から学ばなければならないデメリットがあります。

ビジネスマナーを身に付けるまでは、慣れない仕事内容にストレスを抱えやすいという点もあります。


デメリット➁手当てがもらえない可能性がある

病院や施設で働いてた頃にもらっていた資格手当や住宅手当といった手当てが一般企業に就職すると、もらえなくなる可能性があります。

一般企業の給与形態は手当や固定残業代を含めた月給制で提示されることもあり、業績によっては最悪ボーナスが出ないといったデメリットもあります。

一般企業に就職する際は福利厚生などの待遇面もしっかりとチェックするようにしましょう。


作業療法士が一般企業に就職するのに準備は必要なの?

作業療法士が一般企業に就職するメリットとデメリットを知ったところで、最後に作業療法士が一般企業に就職する際に何か準備しておくべきことをお伝えします。

事前にスキルを磨いておく

作業療法士が一般企業で働く際に必要となってくるビジネスマナーやパソコンスキルは入社後に働きながら学ぶとなると大変な思いをします。

そのため、一般企業に就職する前に事前にビジネスマナーやパソコンスキルを専門書を読んだり、講座を受講して身に付けておくことがおすすめです。

あらかじめ一般企業で働く際に必要なスキルを身に付けておくことで、スムーズに働き始められますよ。

転職サイトや求人に目を通す

作業療法士が一般企業に就職する際は転職サイトを利用したり、作業療法士などの医療職資格を活かせる仕事を募集している求人に目を通すことが重要となってきます。

就職や転職の際は自身が持っている情報量の多さが有利に働くため、事前に出来るだけ多くの転職サイトや求人に目を通して情報収集しておくことで情報量を蓄えておきましょう。

就職・転職サイトによっては親身に相談に乗ってたり、手厚いサポートをしてくれるサイトもあるため、いくつかのサイトと比較して自分に合ったサイトを見つけるのがベストです。


周囲から情報を聞き出す

家族や友人に一般企業で働いていたり、医療系の資格を活かして一般企業に転職した方がいれば、事前に仕事内容や就職・転職の際の状況を詳しく聞いておくこともおすすめです。

就職や転職の成功事例を聞いておくことで、どんな点に注意すべきかやどのように行動すれば採用に繋がりやすいかを把握することが出来ます。

成功事例だけではなく失敗談も聞いておくことで、あらかじめ対策をした上で就職試験に臨めるメリットもあります。

作業療法士が一般企業に就職する働き方は今後増えてくる

現状は病院や施設で働く作業療法士の割合が多いですが、今後は働き方改革の導入で一般企業で働き始める作業療法士も増えてくることでしょう。

ライフスタイルの変化や働き方の柔軟性が広がってきたことで、医療系の資格を導入した事業を展開する一般企業も年々増えており、作業療法士の資格の価値が高まってきています。

今後は作業療法士が一般企業に就職することが増えて、新たな働き方やサービスの形を生み出す日もそう遠くはないかもしれません。

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅原あかり 菅原あかり 作業療法士/ライター

回復期病院や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションで働いていたが、人間関係によるストレスで退職。現在は副業としてやっていたライター業で本格的に活動し始める。
自身と同じように作業療法士として働く上で悩みを抱えている人の力になりたいとリジキャリのライターとして発信していきたいと考えている。

目次