作業療法士に転職しやすい年齢はあるの?年齢制限があるかも紹介!

「作業療法士で転職したいけど年齢制限があるのか気になる…」

「転職に成功しやすい年齢ってあるの?」

このような悩みを抱えている作業療法士の方が解決出来る記事です!

この記事を読むと、以下のような点を知ることが出来ます!

●作業療法士が転職時に年齢制限があるかどうか
●作業療法士が転職に成功しやすい年齢


作業療法士が転職の際に年齢制限があるか、転職に成功しやすい年齢があるかどうか知りたい方は是非最後まで読んでみてください。

作業療法士が転職時に成功しやすい年齢を知ることで、事前の準備を整えた上で転職活動をしやすくなりますよ!

目次

作業療法士が転職する場合に年齢制限はあるの?

作業療法士が転職をしたいと考えた際に、年齢制限があるかどうか気になりますよね。

まずは作業療法士が転職する場合に年齢制限があるかどうかお伝えします。

定年間近だと転職は難しい

定年と言われる年齢は平均で60~65歳ですが、定年間近で転職したいと考えていても実際に転職することはかなり難しいです。

採用する側は出来るだけ長く働いてほしいということ、育成することで成長が見込める人材が欲しいという希望があるため、定年をもうすぐ迎えて短期間で辞めてしまう可能性のある年代の人材は採用されにくいです。

正社員ではなく、パートや短期間雇用、リハビリ助手という形であれば、定年間近でも採用してくれる可能性はあります。

40~50代であれば管理職のポジションがねらい目

40~50代で転職を考えている方はリーダーやリハビリ科長などの管理職のポジションで転職しやすいです。

この年代は臨床経験が豊富で、他の職場でもリーダー的ポジションや管理職を務めた経験がある可能性があるため、転職先でも同じように管理職のポジションを任せてもらえることが多いです。

以前にリーダー的ポジションや管理職に就いたことがある方は転職先でも管理職のポジションで求人が出ていないか調べてみましょう。

パートや契約社員であれば転職しやすい

転職する際に年齢が上がっていくと、管理職以外では正規雇用で正社員として採用されにくい傾向にあります。

非正規雇用と呼ばれるパートや契約社員という立場であれば、年齢制限の壁が緩いことが多く、採用されやすいです。

40~50代で転職を考えている方はパートや契約社員などの働き方も視野に入れておくべきでしょう。

養成校の教員やセミナー・講座の講師であれば年齢制限は緩い

年齢制限をある程度気にしないで働ける手段として、専門学校や大学などの養成校で教員になることや、セミナー・講座の講師として働く方法があります。

養成校の教員として採用される条件は大学院で修士や博士課程を取っており、ある程度の論文や学会で発表した実績があれば、助教授・准教授・教授というポジションを任せてもらえるようになります。

セミナー・講座の講師は全国各地を回って自分の臨床経験や知識などを一般の方や同業者に教えて回る働き方が一般的です。

養成校の教員やセミナー・講座の講師であれば、むしろ臨床経験や知識が豊富な人材が有利であるとされるため、年齢制限を気にしないで働けますが、求人数自体は少ないのがデメリットです。

専門の資格を持っていれば年齢に関係なく有利

認定作業療法士や専門作業療法士などのジャンルに特化した資格を所持していると、年齢制限を気にすることなく転職しやすいです。

認定作業療法士や専門作業療法士の数自体が少ないため、貴重な人材として転職先で重宝される可能性が高いからです。

ただし、認定作業療法士や専門作業療法士の数が少ない理由は、それだけ資格を取得するための試験や条件が厳しいからでもあるため、これらの資格を取得したいと考えている方は事前の準備をしっかりとした上で資格取得に臨みましょう。

作業療法士が転職しやすい年齢はあるの?

作業療法士が転職する際にある程度の年齢制限があることを知ったところで、今度は作業療法士が転職に成功しやすい連例はあるかどうかご紹介します。

20代~30歳前後が一番転職に成功しやすい

作業療法士が転職に成功しやすい年齢は20~30歳前後が一番採用されやすいです。

採用する側は将来有望で成長が見込めて、出来るだけ長く働いてもらえる人材を採用したいため、この年代が一番条件にマッチしているからです。

スキルアップやキャリアアップを望める年代でもあり、作業療法士としても成長が見込める時期でもあるため、転職を考えているライバルが多く、転職市場で競争が激しいのも特徴です。

35~40歳までが転職する年齢の限界目安である

作業療法士が転職に成功しやすい年齢は20~30歳前後とお伝えしましたが、35~40歳までが転職しやすい年齢の限界であることが多いです。

40歳以降は求人自体が極端に減少し、正規雇用での求人も限られてきます。

正規雇用での転職を考えているのであれば、出来るだけ早めに転職活動を始めて、40歳までにはある程度自分が納得のいく形で転職をしておきましょう。

転職先によっては年齢が高くても採用してもらえる可能性がある

転職先によっては年齢ではなく、臨床経験などのキャリアを重視した人材を求める場合もあります。

訪問リハビリテーションなどは、利用者の自宅に実際に訪問してリハビリを実施していくため、リハビリの技術はもちろんのこと、家族への対応やケアマネジャーや他の事業との連携も必要となってきます。

技術や経験を必要とする転職先であれば、年齢が高くても転職に成功しやすい傾向にあります。

一般企業に転職すれば経験と知識の豊富さが強みになる

作業療法士の従来の働き方は病院や施設で働くことが多かったですが、近年は作業療法士の資格を必要としている一般企業も増えてきています。

一般企業で事業を展開しているところは作業療法士としての豊富な経験と知識を重視して人材を求める傾向にあるため、年齢にある程度融通を聞かせた上で転職しやすいです。

ただし、一般企業でも定年制度を設けているところがあるため、求人を探す際は定年制度がどうなっているか、再雇用制度は整備されているかをしっかりと確認した上で応募しましょう。

作業療法士にこだわりが無ければ異業種に転職する方法もある

作業療法士自体にそこまでこだわりが無いのであれば、年齢の融通が利く異業種に転職するという手段もあります。

作業療法士の経験や知識以外にも、趣味や副業で稼げるほどの経験と知識があれば、異業種で求人を探して転職先を見つけることも視野に入れておくと転職を成功させやすいです。

ただし、全くの未経験や知識が無ければ、年齢制限を問わずに採用される求人に限りがあるため、ある程度の経験と知識を身につけた上で、転職活動に臨みましょう。

転職に成功するかどうかは転職先や年齢次第

作業療法士が転職の際に年齢制限があるかどうか、転職に成功しやすい年齢はあるのかをお伝えしましたが、転職に成功するかどうかは働き方や求められているポジション、転職先が必要としている経験や技術によって異なります。

確かに若ければ若いほど転職に成功しやすい傾向にありますが、年齢が高くても経験や技術を重視した人材を必要としている転職先はあるため、情報収集をきちんと行い、自分の年齢や求められているスキルに合った転職先を見つけることをおすすめします。

自分の年齢に合った転職先を見つけることで、今後の作業療法士としてのキャリアアップにもつながりますよ。

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅原あかり 菅原あかり 作業療法士/ライター

回復期病院や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションで働いていたが、人間関係によるストレスで退職。現在は副業としてやっていたライター業で本格的に活動し始める。
自身と同じように作業療法士として働く上で悩みを抱えている人の力になりたいとリジキャリのライターとして発信していきたいと考えている。

目次