作業療法士が転職すると給料は上がる?実態を調査します!

「作業療法士で転職したいけど給料は上がるの?」

「せっかく転職したなら給料が上がってほしい…」

このような悩みを抱えている作業療法士の方が解決出来る記事です!

この記事を読むと、以下のような点を知ることが出来ます!

●作業療法士の平均年収
●作業療法士が転職すると給料は上がるのか
●作業療法士が転職する際に給料を上げるコツ


作業療法士が転職した際に給料が上がるかどうかを知りたい方や転職する際に給料を上げるコツを知りたい方は是非最後まで読んでみてください。

作業療法士が転職することで給料が上がるかどうか、転職する際に給料を上げるコツを知ることで、収入アップを望めますよ!

目次

作業療法士の給料はどれくらいなの?

まずは作業療法士が給料をどれくらい貰っているのか確認していきましょう。

作業療法士の平均年収はサラリーマンよりも低い

作業療法士の平均年収は約400万前後と言われており、サラリーマンの平均年収と比較すると約60万円ほど低いです。

国家資格が必要で責任が重い仕事にもかかわらず、平均年収は一向に上がらないのが現状です。

地域格差もあり、都市部に行くほど平均年収は高くなり、地方に行くほど平均年収は低くなります。

ボーナスや昇給は期待出来ない

作業療法士はボーナスや昇給を期待出来ないことが多いです。

ボーナスは平均で約60万円前後と言われており、こちらもサラリーマンの平均ボーナスに比べて安いです。

昇給は経験年数にかかわらず、年に数百円~数千円と言われており、昇給も期待出来ない可能性が高いです。

従来の働き方では給料は安い可能性が高い

作業療法士の従来の働き方とされる病院や施設で働いていると、平均年収での給料支払いやボーナス・昇給である可能性が高いです。

収入が低いと生活が困窮して、月々の支払いやローンなどが払えなくなる可能性もあるため、出来るだけ収入が高いことに越したことはありません。

一般企業で作業療法士の資格を活かして勤務すると、平均年収以上の給料をもらえる可能性が高まります。

作業療法士は転職したら給料アップは望めるの?

作業療法士の平均年収やボーナス、昇給の事情を知ったところで、今度は作業療法士が果たして転職したら給料アップは望めるのか検証していきます。

給料アップが望めるかは職場次第

作業療法士が転職する際に収入面を重視して就職先を探すと、給料アップが望める可能性は高いです。

しかし、以前と同じように病院や施設で働くとなると大した給料アップは望めないことが多いです。

経験年数を重ねている方であれば管理職のポジションにつくと、管理職手当がもらえるため給料アップを望めます。

一般企業は給料が高い可能性がある

作業療法士の新しい働き方として、一般企業で働くという形があります。

一般企業では、作業療法士の資格を活かして社員として働くことが多いため、給料アップが望めることが多いです。

企業で働くことになるため、サラリーマンの平均年収並みに貰える可能性もあります。

今後は医療関係の資格を活かした事業を展開していく企業も増えていくとされているため、ますます作業療法士が企業で活躍出来る機会は増えてくることでしょう。

転職活動の際は収入面を重視する

転職活動をする際に何を重視して求人を探すかは人によって異なります。

給料アップを望むのであれば、収入面を重視して求人を探すことをおすすめします。

たいていは求人票に平均月収やボーナスが記載されていますが、分からない点があれば転職後のミスマッチを防ぐために採用担当者に直接確認しておきましょう。

スキルや実績を持っているとライバルと差をつけられる

副業やアルバイトなどで、作業療法士の本来の業務とは違った、パソコンスキルやライティングスキルを持っていたり、実際にスキルを活かして稼いだという実績があれば、ライバルと差をつけられます。

作業療法士の本来の仕事であるリハビリ業務や書類業務だけでなく、転職先でパソコン業務や執筆・編集業務なども兼務で任せてもらえる可能性があります。

転職市場でライバルと差をつけたいのであれば、あらかじめ副業などでスキルやキャリアを磨いてから転職活動に臨むと、給料アップに成功しやすくなります。

異業種に転職するという選択肢もある

作業療法士として働くことにこだわりが無ければ、医療職とは違った異職種・異業種に転職するという手もあります。

特にIT業界は成長が著しいため、パソコンスキルが得意であれば作業療法士時代よりも大幅な収入アップも望めます。

全くの未経験では転職先も限られてしまうため、副業などであらかじめスキルや実績を積み上げてから転職することをおすすめします。

作業療法士が転職の際に給料を上げるコツはあるの?

作業療法士が転職した場合に給料が上がる可能性があることを知ったところで、最後に転職の際に給料が上がりやすいコツをご紹介します。

他に資格を持っていると有利

作業療法士の資格以外に他に資格を取得していると、転職の際に給料が高い就職先に採用されやすくなります。

ケアマネジャーや福祉住環境コーディネーターなど、医療・福祉系の資格だけではなく、PCスキル関連の資格や事務系の資格を取得していると、職場によっては他の仕事を任せてもらいやすくなります。

作業療法士の本来の仕事にプラスして、他の仕事を任せてもらえるようになると給料アップを望めます。

臨床経験が豊富だと有利

作業療法士としての臨床経験が豊富だと、転職先でも給料アップを望める可能性が高くなります。

様々な領域や分野を経験していたり、経験年数自体が長いと作業療法士としてのキャリアを確立出来るため、転職市場ではほかのライバルと差をつけられる有利な条件となります。

以前に役職に就いたことがあるなど管理職の経験があれば、転職先でも管理職の立場を任せてもらいやすくなります。

勤務地を変えてみる

作業療法士の平均年収は地域によって異なります。

首都圏に近い都会ほど平均年収は高いですし、地方であれば他の業種と同様に平均年収は低くなります。

勤務地にこだわりがなければ、思い切って平均年収が高い都市部で転職先を見つけてみるという手もあります。

作業療法士として新たに成長できる可能性も高まりますし、給料アップも望むことが出来て一石二鳥である可能性もあります。

副業でスキルや実績を磨く

近年、職場によっては副業がOKとされるなど副業に対する理解も深まってきました。

作業療法士だけのスキルや経験だけでは転職先の幅も限られてしまう可能性もあるため、出来るだけ様々なスキルや実績を積み上げることで対応できる仕事の内容を増やし、転職先のジャンルや幅を広げていくのも得策です。

副業でパソコンスキルやライティングスキルなどを身につけることで、IT業界やマスコミ業界でも作業療法士としての資格を活かしながら新たなジャンルの仕事も任せてもらえるようになりますよ。

転職後に給料が上がるかどうかは事前の準備次第

作業療法士が転職する際に給料を上げたい場合は事前にどれだけ準備出来るかどうかで結果が異なってきます。

転職に有利に働くように資格を取得したり、臨床経験やスキルを磨くことはスキルアップ・キャリアアップにつながります。

給料面を重視した求人情報を探したり、勤務地を比較して給料が高い勤務地の求人情報を確かめるなどのリサーチ力は転職を成功させるために非常に重要となってきます。

転職を成功させて給料を上げたい場合はライバルよりも多くの情報を収集して差をつけていきましょう。


無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅原あかり 菅原あかり 作業療法士/ライター

回復期病院や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションで働いていたが、人間関係によるストレスで退職。現在は副業としてやっていたライター業で本格的に活動し始める。
自身と同じように作業療法士として働く上で悩みを抱えている人の力になりたいとリジキャリのライターとして発信していきたいと考えている。

目次