作業療法士が転職を成功させるためには?秘訣を紹介します!

「作業療法士で働いているけど転職したい」

「転職したいけど失敗しないで成功させたい」

このような悩みを抱えている作業療法士の方が解決出来る記事です!

この記事を読むと、以下のような点を知ることが出来ます!

●作業療法士が転職したくなる時
●作業療法士が転職を失敗しやすい時
●作業療法士が転職を成功させるコツ


作業療法士が転職を失敗しやすい時や転職を成功させるコツを知りたい方は是非最後まで読んでみてください。

作業療法士がどんな時に転職を失敗しやすいか、作業療法士が転職を成功させるコツはどのようなものかを知ることで、転職を成功させる確率が格段に上がりますよ!

目次

作業療法士が転職したくなるときはある?

作業療法士として働いていて、様々な理由が原因でストレスが溜まって転職したくなるときはだれでもあることでしょう。

まずは作業療法士が転職したくなる原因をお伝えします。

人間関係に疲れた

作業療法士が今の職場を辞めて転職したくなる原因で一番多いのは、人間関係に疲れたことです。

作業療法士は他職種と連携して仕事をしていきますが、その際に様々な人種のスタッフと携わります。

当然、性格的に合う合わない人が出てくるため、自分と合わない人と仕事をしているとストレスを抱えやすいです。

給料が安い

作業療法士が転職したくなる原因に挙げられやすい二番目の理由は給料の安さです。

作業療法士の平均年収は約400万円前後と、サラリーマンの平均年収よりも約60万円ほど少ないです。

給料の安さに嫌気がさして、転職して給料を上げたいと考える人も多いです。

責任が重い

作業療法士は患者の生活を預かる責任がある重要な仕事です。

患者を転倒・転落させないように細心の注意を払いながら、常に緊張感をもってリハビリしています。

しかし、その患者の生活を預かる責任の重さに耐えかねてストレスを抱え、責任の重さから逃れたいと転職したいと考える人もいます。


労働条件が悪い

作業療法士は職場によって残業時間や休日の日数は異なってきます。

残業が多い職場や休みが少ない職場だと、労働条件に不満を持ちやすく転職したい理由になります。

プライベートの時間が充実していないと、心に余裕がなくなりストレスを抱えやすいです。


作業療法士はどんな時に転職に失敗しやすい?

作業療法士が転職したくなる原因を知ることが出来たところで、今度は作業療法士がどんな時に転職に失敗しやすいのかご紹介します。

転職の目的があいまい

転職する目的があいまいだと転職に失敗しやすいです。

辞めたい理由はあるけれど、なんとなく転職したいと考えて十分な準備をせずに転職活動をすると失敗に終わることが多いです。

なぜ自分は転職したいのか明確に目的を定めることで、しっかりと準備が出来てスムーズに転職活動が進むようになります。


希望する条件のこだわりが強い

転職する際に自分がここだけは譲れない条件があることでしょう。

しかし、その希望する条件のこだわりが多ければ多いほど、求人は限られてしまい転職は失敗しやすいです。

希望する条件のこだわりは絞って優先順位を付けることで、候補となる求人の数が増えて転職活動が進みやすいです。

転職活動を始めるタイミングが遅い

転職活動を始めるタイミングが遅いことも転職が失敗しやすい理由となります。

今の職場を辞めてから転職活動を始めるのは遅すぎであり、再就職先が決まらないといつまでも収入が無い状態になります。

職場を辞めようと決断すると同時に、再就職先を決める転職活動をなるべく早く始めることをおすすめします。

求人の詳細をよく見ていない

転職活動の際に応募しようと思っている求人をしっかりと確認せずに応募すると、転職が失敗しやすいです。

特に給料や待遇面はは求人をちゃんと確認せずに応募し採用されて、いざ働き始めると条件が希望するものと違ったという場合もあります。

応募しようと思っている求人の詳細は隅から隅までしっかりと確認して、自分が希望する条件とマッチしているかチェックしましょう。

転職したい理由が暗い

転職したい理由がネガティブなものだと、転職が失敗しやすいです。

とにかく今の職場から嫌で逃れたいという感情的な理由で転職活動を始めると、スムーズに進まないことが多いです。

感情的な理由だけではなく、転職することで自分に有利なメリットはあるかどうかを考えて、前向きに転職活動を進めると成功しやすいです。

作業療法士の転職を成功させるにはどうしたらいい?

作業療法士が転職したくなる原因や失敗しやすい原因がつかめたところで、最後に作業療法士の転職を成功させるためのポイントをご紹介します。

転職の目的を明確化する

転職をしたい目的がはっきりしていると、転職に成功しやすいです。

現状の職場が嫌で逃げるためではなく、なぜ自分が転職をしたいのか明確な理由を考えることで、就職面接の際の転職の動機も伝えやすいです。

転職の目的があいまいだと、だらだらと転職活動をしてしまってスムーズに進みづらい傾向にあります。

希望する条件を絞る

転職する際にあまりに希望する条件が多すぎると失敗する可能性が高まるため、いくつか絞ることをおすすめします。

自分の中で絶対に譲れない希望条件と少しは妥協していいと思える希望条件は何かを分けて考え、求人を探すと希望する条件に当てはまる求人が増えてきます。

希望する条件にこだわりすぎると、自ら転職への道を狭めてしまいます。

転職のタイミングは早めに行動する

転職するタイミングは早いに越したことはありません。

タイミングが早ければ早い程、条件の良い求人を見つけることが出来ますし、転職する際のライバルと差を付けられます。

今の職場を辞めてしまってから転職活動するのは遅すぎるため、辞める前に早めに行動しましょう。

求人の詳細は隅々まで確認する

応募しようとしている求人を隅々まで確認することは非常に重要です。

万が一、求人情報の肝心なところを見逃したまま転職してしまうと、必ず後で後悔します。

求人をしっかりと確認して、希望する条件とマッチしているかチェックしておきましょう。

ポジティブな転職理由を考える

転職したい理由がネガティブであれば、転職活動も思うように進みません。

転職をポジティブなものと捉えて、自分のキャリアアップやスキルアップのチャンスだと考えて転職活動をすれば、良い求人も見つかりやすいです。

就職面接の際もポジティブに望めば、面接官に好印象を与えることが出来ます。

転職サービスを利用してみる

医療従事者専門の転職サービスを利用することも転職を成功させるポイントです。

リジキャリでは、臨床で働いてきた経験豊富な医療従事者が転職の際に親切丁寧に相談に乗ってくれます。

初めて転職をする方でも、リジキャリのキャリアアドバイザーに任せれば心強い味方になってくれますよ。

転職を成功させるには前向きに考えることが大切

作業療法士が転職する際は今の職場を辞めて、早く違うところで働きたいという気持ちが先行してしまいがちですが、ネガティブな理由で焦って転職活動すると良いことは何一つありません。

自分が転職することでどんなメリットが生まれるか、作業療法士として成長できるのかをきちんと考えて、前向きに転職活動に励むことで希望する条件とマッチする良い求人が見つかりやすくなります。

転職活動は自信を成長させる第一歩だと考えて、ポジティブに転職活動に励みましょう。

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

菅原あかり 菅原あかり 作業療法士/ライター

回復期病院や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションで働いていたが、人間関係によるストレスで退職。現在は副業としてやっていたライター業で本格的に活動し始める。
自身と同じように作業療法士として働く上で悩みを抱えている人の力になりたいとリジキャリのライターとして発信していきたいと考えている。

目次