理学療法士で転職するときの志望動機の書き方とポイント

転職をする時に必ず書かなければならない履歴書。

特に履歴書のなかでも志望動機はあなたの志望度や熱意を伝えられるものであり、あなたの第一印象を左右するものです。

せっかくなら印象良く読まれたいですよね。

しかし「志望動機に何を書いたらいいか分からない」「どうやって書けばいいの?」と悩む理学療法士は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、理学療法士で転職するときの志望動機の書き方とポイントを解説していきます。

こんな人におすすめ

  • 理学療法士で転職を考えている人
  • 志望動機の書き方に悩んでいる人
  • 第一印象を良くしたい人
目次

理学療法士の転職志望動機に書くべきことは?

まず意識しておきたいことは「採用するメリットがある」「一緒に働きたい」と思われる志望動機にすることです。

それではどのような志望動機が「採用するメリットがある」「一緒に働きたい」と思われるのか、ポイントをまとめました。

  1. 志望する理由が書かれている、熱意が伝わる
  2. 数多ある病院やクリニック、施設から志望先を選んだ理由がある
  3. 入職後、どのような活躍をしたいのかが伝わってくる

1.志望度や熱意

「一緒に働きたい」と思われるのはやはり熱意のある人です。

これまでの経験から、どのような想いがあって、今回転職を決めたのか、具体的かつ簡潔に伝えましょう。

2.なぜ数多ある病院やクリニック、施設から志望先を選んだのか

志望先の病院やクリニック、施設を選んだ理由を書きます。

中には見学時に「雰囲気が良かったから」と何となく決めてしまった方もいるのではないでしょうか。

そのように思っている方はぜひ「なぜ雰囲気を良く思ったのか?」と「なぜ」を繰り返して自分自身の考えを深堀してほしいと思います。

そこには必ず志望先を決めた理由があるはずです。

3.入職後、どのような活躍をしたいのか

転職の場合、志望先の職場で即戦力として働けることをアピールすると採用されやすくなります。

今までの経験を活かし、志望先で貢献できること、これから挑戦したいことを具体的かつ簡潔に伝えましょう。

理学療法士の転職志望動機を実際に書いてみよう

志望動機の構成は以下となります。

【書き方のポイント解説】

  1. 結論・主張を書く
  2. 結論にいたった理由を説明する
  3. 具体例を書く
  4. もう一度結論・主張を書く

では【書き方のポイント解説】に合わせて、実際に志望動機を書いてみましょう。

①私が貴社を志望した理由は、退院した患者様たちの在宅生活を支えたいと思ったためです。特に貴社は私の地元であり、地元の地域の皆様に貢献したいと思い、志望致しました。

②現在働いている総合病院では2年間回復期病棟を、3年間急性期病棟を担当しています。

③急性期病棟へ異動して以降、退院してから再入院する患者様が多く、その期間も早いことに気づきました。その時に在宅のリハビリテーションの大切さを改めて認識いたしました。この経験から、退院後の患者様の在宅生活を支えたいと思い、訪問リハビリテーションへの転職を決意致しました。

回復期病棟担当時には福祉住環境コーディネーターの資格を取得し、環境設定や福祉用具の選定などを行ってまいりました。この経験は訪問リハビリテーションでも活かせることと思います。

④貴社へ採用されましたら、地域の皆様がその人らしい生活が送れるようこれまでの知識と経験を活かし、即戦力として貢献していきたいと思います。

【解説】

転職時では、なぜその職場で働きたいと思ったのか、志望先の病院やクリニックなどの理念に共感していること、今まで培った経験を活かして即戦力となれることをアピールすると熱意が伝わる志望動機となります。

理学療法士の転職志望動機が思いつかない時は6つの質問に答えよう

志望動機を書くポイントは分かったけど、自分自身が何をしたいのかが分からない。

そんなときは理学療法士として働いてきた自分自身の経験談転職したい理由を整理するのをおススメします。

以下の6つの質問に答えることで、より具体的に短い時間で志望動機を書くことができるでしょう。

  1. 今まで理学療法士として成し遂げてきたことは?
  2. 今まで理学療法士の仕事をしていく中で工夫してきたことは?
  3. 自分自身の強みやセールスポイントは?
  4. 今までの経験で志望先の病院やクリニック、施設に活かせそうなことは?
  5. 今後のビジョンやキャリアプランは?
  6. 志望先でどんなことがしたい?

実際には紙に書き出しておくことがおススメです。

紙に書き出すことで自分自身の考えが整理出来て、やりたいことが明確になります。

まとめ

今回、理学療法士で転職するときの志望動機の書き方をポイントを用いて解説しました。

ぜひ解説を参考にして志望先の病院やクリニック、施設に熱意が伝わるように自分の想いを自分の言葉で表現してみてください。

実際に書いてみたけれど不安添削をしてもらいたいという人におススメなのが、キャリアアドバイザーによる無料相談です。

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

すーみんのアバター すーみん 理学療法士/ライター

【理学療法士×ライター】
理学療法士として日々臨床業務に励むが、コミュニケーションの壁にぶつかる。以来、「言葉を伝えたい」という想いが芽生えライターを始める。現在は「~想いをカタチに 想いよ届け~」をモットーにメディア記事や書評、SNSを通じて言葉を届けている。リジキャリでは自身の経験をもとに情報を発信していきたいと考える。

目次