理学療法士がきつい?そんな人にオススメの提案があります!

理学療法士がきつい・・・

理学療法士を辞めたい・・・」



そんな風に思っていませんか?



この記事を読むと下記のようなことがわかります!

  • 理学療法士がきついと感じた気持ちを整理する方法
  • 理学療法士がきついと感じるときに取るべき行動



理学療法士がきついと思っている人が、現状を改善するためにはどのようにすればいいのか、ということや、理学療法士の価値を改めて考えるきっかけとなると幸いです。



そして、理学療法士として働くことのモチベーションアップにつながると嬉しいです!



現在、理学療法士がきついな…と感じている人は、ぜひ最後まで読んでみてください!

目次

理学療法士がきついと感じた気持ちを整理する方法



現在、理学療法士として置かれている環境がストレスとなっている場合は、どこか違う「場所」を意識すると自分らしく過ごせる時間を増やすことができます。

現在の場所を見直す


まずは自己理解を行うことが重要です。


現在、理学療法士として働く環境のなにがきついと感じているのか、問題を抽出し、それを解決するためにはどのように行動すれば良いのかを考えてみましょう。


それを自分自身で分析し、今はどこに身を置くフェーズなのかを客観視できると、その後の行動を選択することができるようになります。

第三の場所(サードプレイス)を見つける



現状を分析したうえで、同じ場所にとどまるという選択をした場合、どこか気分転換ができる場所を見つけることが大切です。

・サードプレイスという言葉を聞いたことがありますか?

・ファーストプレイス:第一の居場所である自宅

・セカンドプレイス:職場や学校など、自宅以外で過ごす時間が長い場所

・サードプレイス:自宅に帰るまえに軽い息抜きができる場所・リフレッシュや新たなやる気を生む交流がある場所

コトバンク


と定義されています。



理学療法士がきついと思っていても、今は環境を変えることができない場合や、現状の場所にとどまるという選択をした場合は、サードプレイスを作り、自己管理の一環として活用してみるのもいいと思います。


仕事と家族とのかかわり以外に、自分が落ち着いて過ごせる環境はどこか?を考えてみましょう。


何かのコミュニティでも、勉強会に参加してみてもいいと思います。


近所のカフェでもいいので、忙しい毎日の中で、自分が落ち着いて過ごせる場所を持つということはとても重要なことです。

自分に合った環境をみつける



現状を分析したうえで、現状を変えるという選択をした場合は、自分自身がよりよく輝ける環境を探さなければいけません。


理学療法士がきついと感じた場合、自分はどんなところなら楽しく過ごせるか、理想の条件を抽出し、それぞれの優先順位を考え、自分自身がフィットする環境を探してみましょう。



ただ頭の中で考えるだけではなく、文字に起こしたり、言語化することで、より具体性が高まります。


そして、それらの条件を選んだ理由は何か?というところまで深堀りできると、より理想の環境を見つけることができるのではないかと思います。

理学療法士がきついと感じるときに取るべき行動

リジキャリの記事を読む


リジキャリのメディアには、理学療法士のみならず、医療従事者のキャリアや転職に関しての記事が豊富です。


また、リジキャリの特徴は、「医療者の新しい働き方が見つかる」という点であり、一般企業で働く理学療法士の実例や、キャリアに関する記事があります。


理学療法士や医療従事者の可能性を秘めた記事が多く、これらを読むことで今後のキャリアの視野が広がり、モチベーションアップにもつながると思います。

キャリアアドバイザーへ相談する


理学療法士がきついと感じている人は、自分の気持ちを他者に(専門家)に話すだけでも気分転換になると思います。


理学療法士がきついと思う気持ちは恥ずかしいものではありません


理学療法士はやりがいや価値のある仕事ですが、身体的にも精神的にもストレスがかかる仕事であるため、きついと感じる場面があって当たり前です。


友達や職場の先輩・上司に話に相談することも一つの方法ですが、ただの愚痴ととらえられてしまうこともあるかもしれません。


キャリアアドバイザーに相談することで、進むべき道の提案や、キャリアの相談にも乗ってもらえます。


次に取るべき行動が明確となるため、ぜひ一度キャリアアドバイザーを活用してみてはいかがでしょうか?

転職する


おもいきって転職に向けて準備をするのもひとつの方法だと思います。


理学療法士の資格や経験を活かして一般企業への転職にチャレンジするのもいいと思います。


今すぐに転職しなくても、転職するための知識や方法を調べ、動けるタイミングでそれらの知識を使えるように、常に自分の気なる領域への興味・関心は持ち続けていた方がいいかと思います


常に自分が気になる市場へのアンテナを張っていることで、より良いタイミングで自分が納得して働ける環境へと転職できる可能性が広がります。



転職に関しての情報や、キャリアについて迷っている、だれかに相談したい、という人はぜひリジキャリのサービスを利用してみてはいかがですか?

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

yukaのアバター yuka 理学療法士/ライター

大学病院で勤務していたが、理学療法士としてのキャリアに迷い始める。さらに結婚・妊娠・出産を経て、自分自身のライフワークバランスがフィットする環境を探し求めていたところ、リジキャリに出会う。医療従事者がフィットと充足感を持って働くためには?を追求するために、リジキャリにジョイン。二児の母。美容が趣味。

目次