看護師のセカンドキャリアを成功させるには?

「看護師のセカンドキャリアは何があるのだろう。」

「看護師のセカンドキャリアを成功させるにはどうしたら良いのだろう。」

このようなお悩みはありませんか?

この記事を読むと下記のことがわかります。

  • 看護師のセカンドキャリアとは
  • 看護師のセカンドキャリアを成功させるためのポイント

では、早速解説していきたいと思います!

目次

看護師のセカンドキャリアとは

ここでは、看護師のセカンドキャリアの定義や求められるものについて解説していきます。

看護師のセカンドキャリアの定義

看護師は女性の方が多いので出産や子育てを機に、セカンドキャリアについて考える方が多いのではないでしょうか。

セカンドキャリアとは、人生における「第2の職業」のことです。

子育て後や定年退職後に従事する職業という意味だけでなく、将来を見据えたキャリアの転身やキャリアアップといった意味があります。

ライフステージに合わせて職業について考えることが多いですが、人生をより豊かにする手段としてセカンドキャリアを前向きに捉える風潮が広がっています。

看護師のセカンドキャリアにおいて求められるもの

看護師のセカンドキャリアには、病院はもちろんのこと、訪問看護、クリニック、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、デイサービス、グループホーム、一般企業など幅広い選択肢があります。

セカンドキャリアにおいては、スキルや転職前の経験が非常に重要となります。中途採用となることが多いため、即戦力であることが求められるためです。

具体的には、高い専門性、それまでの経験、幅広い知識などが求められます。

看護師は専門職であるため、元々専門性がありますが、診療科や活躍できる場所が様々であるため、より高い専門性が求められます。

臨床経験年数が同じ看護師でも、それまで学んできた環境が違うからこそ様々なスキルがあると思います。

ぜひ、自分ならではの強みを見つけ、セカンドキャリアに活かしましょう。

看護師のセカンドキャリアを成功させるためのポイント

セカンドキャリアに向けてそれまでの職場を離れ新たな仕事を始めることは、非常に勇気がいると思います。

ここでは看護師のセカンドキャリアに向けた転職を成功させるためのポイントについて解説します。

将来のビジョンを明確にする

まずは、将来のビジョン、そして自分自身のキャリアにおける目標を明確にすることが重要です。

ビジョンや目標を明確にすることで、自分がどこへ向かうべきかが分かりやすくなります。

具体的には、自分は何をしたいのか、どんな生活をしていきたいのかを明確にします。

それを軸にして、いつまでに、どんな環境で、どんな仕事をするべきかを決めていきます。

また、そのビジョンと現在を比較することも重要です。

現在のスキルだけでなく収入や貯金額なども考慮しながらキャリアプランを立てていくことで、より実現可能なものになるためです。

自己理解を深める

セカンドキャリアに向けて新たな道に進むために、自己理解を深めることが重要です。

将来のビジョンを明確にできたとしても、現在を理解できていなければ、取るべき行動が曖昧になってしまうためです。

そのため、自己分析を行い、未来視点である将来のビジョンだけでなく、現在や過去にも視点を置き自己理解を深める必要があります。

例えば、現在のスキルや知識の程度を客観的に評価することで、今後身につけるべきスキルが明らかになります。

また、これまでの経験から自分が成長できる環境や過程を確認し、今後の身を置くべき環境の特徴がわかります。

これらのことを踏まえて、今後のキャリアを検討していくことが重要です。

学生時代の就職活動において、自己分析や自己理解の重要性は強調されることが多いですが、社会人になってからも重要なことは変わりません。

むしろ、経験を重ねてきたからこそ、それまでのキャリアを振り返り自己理解を深めることが重要かもしれません。

看護師の場合、学生時代に自己分析をしなかった人も多いのではないでしょうか。

セカンドキャリアにおいて自己理解を深めることは成功につながりますので、ぜひ今回をきっかけに実践してみてください。

環境や社会の変化を認識する

セカンドキャリアに向けて転職することで、環境は大きく変化すると思います。

その環境の変化が当然だと認識しておくことが重要です。

前職での当たり前が転職先でも通用するとは限らないので、環境の変化を前向きに捉えて行動していきます。

また、社会の変化を認識することも重要です。

社会は常に変化しています。医療業界にいると他の業界の変化は感じにくいかもしれません。

しかし、他の業界で起こっている変化の中には医療業界にも取り入れるべきこともあると思います。

そのように自分の身近なことだけでなく、視野を広げて社会全体の変化を認識することは重要です。

環境や社会の変化を認識できれば、自分のやるべきことも明確になっていきます。

キャリアアドバイザーに相談する

セカンドキャリアに向けて転職活動をする上で、様々な不安や悩みがあると思います。

1人で将来のビジョンを明確にしたり、自己理解を深めたりすることはできますが、これで合っているのだろうかと思う方がいると思います。

そのような場合、キャリアのプロであるキャリアアドバイザーに相談し、今後のビジョンと現在のキャリアを踏まえた上でのアドバイスをもらってみてはいかがでしょうか。

すぐに転職をする予定はなくても、現在の自分の経験やスキルがどの程度なのか客観的な評価ができ、今後のキャリアについて相談することができます。

そうすることで、自分1人では気付かなかった新たな選択肢や可能性が見つかり、転職における選択肢が広がります。

まとめ

今回、「看護師のセカンドキャリアとは」「看護師のセカンドキャリアを成功させるためのポイント」について解説させていただきました。

いかがでしたでしょうか?

今回の記事を読んで、ぜひ自分の夢やなりたい姿に向かって一歩踏み出してみてください。

世間一般的に、看護師の活躍する場所は病院のイメージが強いですが、実際活躍できる場所はたくさんあります。

つまり、看護師経験で身につけたスキルや知識は、様々な環境で活かせることができます。

私自身、病院で看護師として働いていましたが、看護師としてのスキルや経験を活かして一般企業で働いています。

これはあくまでも一例です。

看護師だから○○で働く必要がある、というものはないです。キャリアに正解はないので、ぜひ自分の夢に向かって行動してみてください。

また、成功させるポイントの1つとして解説した「キャリアアドバイザーに相談する」に関しては、以下のサポートがおすすめです。

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

吉澤志保のアバター 吉澤志保 看護師/ライター

看護師として新卒で病院に入職するも、別の形で医療に貢献したいと思い退職。現在は看護師の経験を活かして、一般企業で働いている。

目次