理学療法士を辞めたい?その前にこの記事を読んでください。

理学療法士を辞めたい

理学療法士として働いているけど、このまま続けていても大丈夫なのかな?」



このような悩みや不安を抱いていないでしょうか?



この記事を読むと以下のことがわかるようになります!

  • 理学療法士を辞めたいと思ったときにとるべき行動
  • 理学療法士を辞めたいと思った人へのアドバイス



今、「理学療法士を辞めたい」と感じていても、この記事を読むことで、何か行動を起こそうとする気持ちが湧いてくると思います!

それでは早速、理学療法士として辞めたいと思う方へのアドバイスをさせていただきます!


最後まで読んでいただけると嬉しいです!

目次

理学療法士を辞めたいと思ったときにとるべき行動



これから、理学療法士を辞めたいと思ったときに取るべき行動を3つ説明します!



理学療法士を辞めたい理由を明確にする

まずは理学療法士を辞めたいと思った理由を明確にしましょう。


具体的にどのような業務が苦手だと感じたのか、自分に向いていないと思ったのかを明確にすることが重要です。


また、人間関係が問題で辞めたいと感じた場合や、その他の環境の問題であった場合も、辞めたいと感じた理由はどんなところにあるのかを分析し、言語化できるようにしておくといいと思います。


これらのことを言語化することで、なんとなく辞めたいと思っていても、解決する糸口が見えてくるかもしれません。


また、具体的に辞めたい理由を明確にすることで、第三者に相談しやすくなります。


理学療法士を辞めたいと感じた理由が明確とならなければ、次の就職先を探す場面で苦戦するので、辞めたい理由を明確にすることはとても重要です。



自分の理想の働き方を明確にする



理学療法士を辞めたいと感じた理由を明確に言語化したあとは、自分の理想の働き方について考えましょう。


例えば、今後はどのようなキャリアを築いていきたいのか、仕事とプライベートとのバランス、働く環境はどのようなところがいいのかなど、自分の好きなことや得意なこと、嫌いなことや苦手なこと、利点や欠点等も踏まえて分析しましょう。


また、その時に、自分が経験したことを活かした働き方をしたいのか、それとも、新しいことにチャレンジをしていきたいのかなどとということも踏まえ、今後のビジョンを考えるといいのではないかと思います。


さらに、働くということに求めることや、仕事から得ることに自分自身は何に重きを置くのかを考え、それぞれの優先順位をつけてみるのもいいと思います。


やりがいなのか、金銭的な安定や環境的な安定なのか、それとも得られる知識や経験に重きを置くのか、一緒に働くメンバーはどのような人がいいのかをイメージし、最初は抽象的なことでもいいですが、可能な範囲で具体化してみましょう。



理想の職場を探す

理学療法士を辞めたいと思った理由と、自分の理想の働き方が明確となったら、実際に働く場所を探してみましょう。


自分自身で探すよりも、医療従事者の転職に詳しい専門家に相談するという方法もあります。


病院や施設のみならず、様々な場所で活躍する理学療法士を多く知っていることから、理学療法士の資格の価値や、医療従事者として働いていたことで得られた強みや、アピールポイントを明確に分析することに長けているため、未経験の職種への転職も叶えやすくなります。


自分だけで探すよりも医療従事者の転職に詳しい専門家に相談することで職域の選択肢が広がります。


また、ロールモデルを提示し、理想の働き方や、キャリアプランを一緒に考えることも可能であり、より自分の理想に近い働き方ができる会社を紹介してもらえる可能性も高いでしょう。

理学療法士を辞めたい人へのアドバイス



近年、理学療法士の働く領域は病院や施設のみならず、一般企業やフリーランスとして活動するなど、多様化しています。


自分は理学療法士に向いていないな理学療法士を辞めたいな…と感じていても視野を広げてみると、自分自身の性格や特徴を最大限に活かせる職業が見つかるかもしれません。


そして、全国には理想の働き方を自ら構築している理学療法士が多数います。


そういった人をロールモデルとし、今までの既存の働き方から一歩踏み出してみると、理学療法士の資格や経験を活かし、自分自身のやりがいをもって働ける場所が見つかるかもしれません。


理学療法士を辞めたいと思っていても、なかなか行動を起こすことができない…という人も多いと思います。


そういった人はストレスを溜めすぎているのかもしれません。


医療者の気持ちに寄り添うために、リジキャリのメディアには様々な職種の転職やキャリアについての記事があります


それらを読むことで気分転換にもなると思いますので、ぜひそちらものぞいてみてくださいね。


また、自分自身はどのようなキャリアを積み上げていきたいのかを、視野を広げ、また、第三者の目線から分析していくことで何かわかることがあるのではないかと思います。


理学療法士を辞めたいと思っている人はぜひリジキャリのサービスを活用してみてはいかがでしょうか?

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

yukaのアバター yuka 理学療法士/ライター

大学病院で勤務していたが、理学療法士としてのキャリアに迷い始める。さらに結婚・妊娠・出産を経て、自分自身のライフワークバランスがフィットする環境を探し求めていたところ、リジキャリに出会う。医療従事者がフィットと充足感を持って働くためには?を追求するために、リジキャリにジョイン。二児の母。美容が趣味。

目次