理学療法士が非常勤として働くメリット5つを紹介します!

理学療法士として非常勤で働きたけど、不安定じゃない?

理学療法士として非常勤で働くメリットは?


このような不安や疑問を抱いていないでしょうか?


この記事を読むと下記のことが分かるようになります!

  • 理学療法士として非常勤で働くメリット
  • 理学療法士として非常勤で働く人へのアドバイス


今、理学療法士として非常勤で働きたい」と思っている人の疑問を解決できる記事です!



ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです!


目次

理学療法士として非常勤で働くメリット

知識・経験の場が広がる

非常勤で働くことで、一つの施設のみならず、様々な施設で働くことができるため、幅広い患者さんと接することができ、疾患の知識や治療技術の向上を図ることができます。


また、様々な病院や施設で働くことで、それぞれの病期(急性期・回復期・維持期など)や分野(クリニック、訪問、小児など)の知識についても詳しくなるため、様々な患者さんに対応できる理学療法士になることができます

プライベートとの両立がしやすい


非常勤で働くということはシフト制である場合が多いです。


そのため、事前にシフト希望を提出する際に、自分自身の予定が立てやすいということがメリットのひとつであり、趣味との両立や、家事・育児との両立も図りやすいです。



特に子育て世代の方は、子供の予定や家族との休みの計画が立てやすいため、おすすめです。

子育てが落ち着くまでは非常勤で働き、子供が大きくなったら常勤で働くなど、働き方を柔軟に変えるということもできます。

副業ができる


病院や施設で常勤で働く場合、副業が禁止されている場所が多いです。


しかし、非常勤勤務の場合は、副業が許される場合が多く、複数の収入経路を持つことができます


理学療法士の仕事以外の副業も可能となるため、自分自身のスキルアップにもなりますし、自分の好きなことを追求し、それが収入経路のひとつとなるような方法を確立するための時間にも使えます。

人間関係が楽


ひとつの施設で毎日同じ時間働くわけでなはいので、そこで働く人との人間関係に悩むことも少なくなるのではないかと思います。



常勤の場合は毎日ほぼ同じ人と長時間、長期間関わっていくことが多いですが、非常勤の場合は、出勤する日や時間が固定ではないため、施設のスタッフと一緒にいる時間が少なく、深くかかわる必要がないというところがメリットのひとつです。

ただ、関わる時間が少ないため、お互いの業務に支障がでないよう、業務的な伝達事項や報告・連絡などの重要なことは、正しく伝わるよう、関係性やコミュニケーションに配慮をする必要があります。

キャリアチェンジにつながる


非常勤で様々な病院や施設で理学療法士としての経験を積むことで、自分が本当にやりたいことを見つけやすいのではないかと思います。


また、キャリチェンジをしたい場合、常勤ではなく、まずは非常勤で働くことで、その分野が自分に合うのか、合わないのかを判断しやすくなります。


いきなり常勤で働き、自分に合わなかった場合は、また一から転職活動を始めなければいけないため、時間も体力も必要となります。


そのため、キャリアチェンジをしたいと思っている人はまずは興味がある施設の非常勤で働くことをお勧めします

理学療法士として非常勤で働く人へのアドバイス


非常勤勤務は、理学療法士として、本当にやりたいことを探している人におすすめな働き方だと思います。


ただ非常勤勤務は、常勤の正社員とは違い、福利厚生面や金銭面が安定しているという確約がないため、そういった部分の管理能力が必要となります


そのような知識を身に着けてから非常勤勤務を選択するといいと思います。


また、働いている配偶者がいる場合は、扶養控除に入ることができるので、これらの知識を身に着けたうえで、非常勤勤務を選ぶことをお勧めします。


さらに、非常勤で働くことは、複数の顔を持つことができる手段のひとつです。


常勤の正社員と比較し、非常勤勤務は不安定かもしれませんが、非常勤勤務では、自由に使える時間が増えるため、自分と向きあうことがで、自分自身の可能性を広げていくことができます


理学療法士として長期的に安定して働く手段や方法を確立できる可能性もあり、結果的には安定につながることもあると思います。


常勤として同じ病院・施設で働き続けることが安定であるとも言い切れません。


一時的にみると安定的な収入が得られるため、安定的だと感じるかもしれませんが、「安定している」と思っていた施設が今後トラブルなく、ずっと変わらないという保証はありません。


環境的な安定を求めるのではなく、自分を主軸にし、自分が安定している働き方とは何か?ということを追求していくために、非常勤という働き方を選んでみてはいかがでしょうか?


理学療法士の資格を最大限に活かすためには自分自身が今後どのように働いていきたいのかを考えていくことが重要となります!


理学療法士として非常勤で働きたいけど、まずは何から始めればいいのかわからないという人はぜひ、専門的なキャリアアドバイザーに相談してみてはいかがですか?

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

yukaのアバター yuka 理学療法士/ライター

大学病院で勤務していたが、理学療法士としてのキャリアに迷い始める。さらに結婚・妊娠・出産を経て、自分自身のライフワークバランスがフィットする環境を探し求めていたところ、リジキャリに出会う。医療従事者がフィットと充足感を持って働くためには?を追求するために、リジキャリにジョイン。二児の母。美容が趣味。

目次