【体験談】薬剤師から企業に転職して良かったこと5選

企業に転職をお考えになっている医療者の皆さん。 

「実際に企業の一般職に転職したいけど、後悔したらどうしよう…」と不安に思われている方や、 「転職して、具体的に良かったことが気になる」方もいらっしゃると思います。 

この記事では調剤薬局の薬剤師からベンチャー企業に転職した筆者の「転職して良かった」と感じたこと5選を紹介しています。 

是非、転職に悩まれている方やベンチャー企業の一般職に転職をお考えの方はこの記事の内容を参考にしてみてください。 

目次

薬剤師の私が企業に転職して良かったこと5選 

実際に調剤薬局勤務の薬剤師からメガベンチャー企業に転職をし、転職できて良かったと私が感じた点を挙げていきます。 

1.本当にやりたかった仕事につけた 

薬剤師の業務はほとんどがルーティンワークのため、新しく吸収できることが少なく、 薬剤師1年目から「薬剤師業務が本当にやりたいことではないかもしれない」と思い始めていました。 

そこで自分が本当に興味のある業種・仕事内容で転職活動にチャレンジし、転職が成功した時は本当に嬉しかったですし、仕事へのモチベーションもグッと上がりました。 

2.自分に合った社風の会社を見つけることができた

私はどちらかと言うと「伝統のある社風」よりも、「変化を恐れず新しい考えをどんどん吸収していく社風」の方が合っていると感じていました。 

そのため、比較的新しい考え方の社風が多いベンチャー企業に焦点を当てて転職活動を行いました。 

ベンチャー企業に転職後は、新しい考えをどんどん取り入れる社風にとても感動したのを覚えています。 

逆にいえば「社風だけでこんなにも会社の雰囲気が違うんだ」ということに驚きました。 

社風が自分に合っている企業を探すというのも、転職する上では重要だと気づくことができました。

3.自分の考えがそのまま業務に落とし込めるようになった

長い学生生活を終えて就職した会社は、家族経営で年功序列の考えが根強い調剤薬局でした。 

そこで働いていた私は、「もっと自分で考えたことが業務に昇華できるようにしたい」と日々感じていました。 

ベンチャー企業は比較的新しい会社でもあることから、組織があまり整備されていない状態も多いです。 

ですが、そこをうまく利用して自分が主体性を持って業務を行えることがとても良い環境だと思いました。 

特に20代のうちに転職し、主体性を持って業務に励むことができたため、柔軟に考え、考えたことを業務に落としこむ思考力がつきました。

ここで得た経験はこれからの人生にも役立つと感じています。 

4.業務の幅が拡がった 

転職した会社では「やりたい」と言ったことは積極的に挑戦させてくれる会社ということもあり、これまでのルーティンワークとは大きく変わりました。 

薬剤師時代は患者さんや卸、MR、その他医療従事者の方と関わっていましたが、転職後はそれ以上に他部署や他業界の方との連携が必要でした。 

そのため、薬剤師以上にマルチタスク能力やスケジュール管理がとても重要となり、薬剤師時代に使っていた頭のまったく別の領域を使っている感覚でした。 

最初の頃は多少なりともつらいと思ったこともありましたが、現在では自分のできることがどんどん拡張されていく感覚を楽しむことができています。

5.残業時間が減った 

薬剤師時代は店舗での業務のため、開店時間内はきっちり仕事をこなせなければなりません。 

ただ、開店時間後も緊急な案件がある場合や、医薬品の用意ができていない場合など、必然的に残業をしなければいけないことも多く、残業時間は長かったように思います。 

私が転職したベンチャー企業はフレックス制度を導入しており、体調がすぐれないときや残業時間が多い時などはフレックスを活用できるようになっていました。

そのため、自分の仕事をしっかりとこなせていれば、フレックス制度を活用することができました。 

フレックス制度を活用することによって、プライベートが充実し、趣味のヨガを楽しむ時間が増えたり、自分の体調とも向き合える時間が増えたことがとても良かったと思います。 

私の場合、薬剤師時代は体調が優れず、休みがちだったこともあり、「他のスタッフに迷惑をかけている」と思っていました。 

どうしても休むことに関してもストレスを感じてしまっていました。 

ですが、フレックス制度を導入している企業に転職できたことで休むことなく毎日きちんと働けています。 

私のように、体調に不安がある方はフレックス制度のある会社もご検討してみてはいかがでしょうか。 

転職してよかったこと5選まとめ 

  1. 本当にやりたかった仕事につけた 
  1. 自分にあった社風の会社を見つけることができた
  1. 自分の考えがそのまま業務に落とし込めるようになった
  1. 業務の幅が拡がった 
  1. 残業時間が減った 

いかがでしたか? 

今回は私の体験談として「転職して良かったこと5選」を紹介いたしました。 

転職して良かったことばかりだけではありませんが、それでも私が「転職しない方が良かった」とはまったく思っていません。 

転職をした経験があったからこそ視野も広がり柔軟に考える能力もつけることができたと思っています。 

転職活動をお考えの医療者のみなさんへ、この記事が少しでも転職活動のお役に立てることができれば幸いです。 

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

薬局薬剤師から一般企業にキャリアチェンジした経歴を持つ。
食べることととヨガが好き。

目次