薬剤師がストレスを感じる瞬間4選!その対策もお伝えします!

薬剤師として働いていてこのようなことを感じることはありませんか?

「たくさん勉強して資格をとったのに、仕事にやりがいを感じない…。」
「医療と向き合いたいのに、人間関係のせいでストレスが溜まる。」

この記事では薬剤師の皆さんが日頃から感じているストレスとその対策をお伝えしたいと思います。

皆さんがストレスなく仕事ができることを願っています!

目次

薬剤師がストレスを感じる瞬間4選

薬剤師として働いている方が日頃ストレスを感じる瞬間を4つご紹介します!

職場内や患者さんとの人間関係のストレス

薬剤師は調剤薬局やドラッグストア、病院の薬剤部等、一般的な社会人よりも「閉鎖的な環境」で業務をしていることが多いのではないでしょうか?

職場内の人と長時間に渡り同じ環境を過ごす事が多いため、一度人間関係が悪化してしまうと逃げ場がないように思ってしまいストレスを感じてしまいますよね。

薬剤師の働く環境はなかなか異動する機会もないため、状況の改善が難しいことも多いと思います。

また、医療サービス業でもあるため、稀に理不尽な患者さんからのクレーム対応なども発生することもあり、言われのない事でクレームを聞かされたりするとストレスがかかってしまいます。

業務内容のストレス

地域によっては慢性的な人材不足からひとりあたりの業務量が多くなってしまい、ストレスを感じることも多いと思われます。薬剤師の業務はミスを許されないからこそ、ひとりあたりの負担が大きいと、より大きくストレスを感じやすいと思います。

薬剤師の業務自体は、毎日のルーティンワークが基本となるので、単調で面白味を感じにくいことからのストレスと感じる方もいらっしゃると思います。

また、ドラッグストアの薬剤師業務では調剤だけでなく、品出しなど肉体的な労働もあるため肉体的なストレスも感じやすい環境にあると思います。

休みを取得しにくい事のストレス

薬剤師業務はシフト制のため、事前に組まれた薬剤師数で業務を行なっています。

慢性的に人手不足な職場になってしまうと、体調不良などで急遽欠員が出ると他の薬剤師の業務が増えてしまうこともあると思います。責任感の強い人であれば罪悪感を感じてしまい、なかなかお休みを取りづらいですよね。

その他、事前に取りたい日程があっても、シフトの兼ね合いから難しいと断られてしまうこともあります。

給与や待遇のストレス

患者さんの命を預かる仕事である以上、常にプレッシャーを感じやすい職業の薬剤師。

一般的には薬剤師は高給取りと思われる方も多いですよね。

実際、初任給は一般的な新卒社員よりも確かに高い傾向にありますが、頭打ちとなり20代で1,000万を超えるような高い給与の見込みはほとんどありません。

患者さんの健康と命を助ける仕事である以上、大きいプレッシャーを感じるため、その心理的なストレスと給与や待遇面が見合っていないと思うことで、ストレスに感じている方もいらっしゃいます。

薬剤師がストレスを感じないようにするための対策

薬剤師が感じやすい主なストレスについて4つ例を挙げさせていただきました。

ここではストレスを感じないようにする対策もお伝えいたします。

趣味を見つける

仕事でストレスを感じている時はプライベートの時間を充実させるのもひとつではないでしょうか?

興味があることは是非、なんでも挑戦して好きな趣味を見つけることも良いと思います。

趣味を通して仲間ができたり、趣味を楽しむために仕事を頑張ろうと思えたらとても素敵ですよね。

これまで趣味のなかった方は是非、趣味を見つけてみてはいかがでしょうか?

運動やストレッチをする

精神的なストレス過多の状況では頭はすごく疲れているのに体は全然疲れていない」といった、精神と体のバランスが崩れる状態になっています。

頭は疲れているものの、体が疲れていない状態のため、夜はぐっすり眠れなくなってしまうといったことにもつながります。

ストレス緩和には軽い運動をして、しっかり睡眠をとることは非常に有効です。

また、運動をすることで前向きな気持ちになれたり、穏やかな気持ちにもなれます。

体を動かすことが好きな方は運動やストレッチを取り入れてみるのもいいかもしれません。

思い切って転職してみる

薬剤師の仕事は好きだけど人間関係がつらいといった方は同じ医療現場に転職するのもひとつの対策ですよね。

また、薬剤師といっても活躍できる場は様々あり、薬局や病院といった医療現場だけではない働き方も増えてきています。

医療現場だけではない働き方の方が実際には合っていた!ということもあるかもしれません。

薬剤師資格=医療職だけではないのです。

どのような仕事があるのか、またどのようなキャリアプランにしていきたいのか、一度ご自身の中に落とし込んでみてみるのもいいかもしれませんね。

医療職以外のスキルを磨いたり、勉強を行うことでも今後の選択肢の幅が拡がります。

思い切って転職に挑戦をしてみることで、もっとご自身に向いている職業を発見するかもしれません。

薬剤師がストレスを感じる瞬間まとめ

・職場内や患者さんとの人間関係のストレス

・業務内容のストレス

・休みを取得しにくい事のストレス

・給与や待遇のストレス

いかがでしたか?

今回は薬剤師がストレスを感じる瞬間4選と、ストレス対策についてお伝えさせていただきました。

ストレスをなるべく感じず、楽しい人生にしていきたいですよね。

リジキャリでは実際に薬剤師のような医療職から、一般企業へ転職した経歴を持つキャリアアドバイザーも在籍しており、医療職からの異業種への転職の支援も行なっています。

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

薬局薬剤師から一般企業にキャリアチェンジした経歴を持つ。
食べることととヨガが好き。

目次