医療従事者が企業転職を成功させるための就職面接におけるポイント

転職活動のなかで重要となるのが「面接」です。

医療従事者として就職する際の面接は、1回か多くても2回であることがほとんどです。

しかし一般企業での転職活動では2回や3回面接をする場合もあります。

今回は転職活動を成功させるための、就職面接におけるポイントを解説します。

目次

面接の流れ

多くの企業で面接は以下のように進みます。

面接の流れを確認し、慌てず落ち着いて行動しましょう。

  1. 受付
  2. 待機~入室
  3. 面接
  4. 退室

1次面接を行う、説明会や見学を兼ねている企業もある

企業の説明会では、筆記試験や集団面接が行われるパターンが多いです。

説明された内容を理解しておき、さらに企業への理解を深めておきましょう。

最終面接では役員や社長との面接

一般企業の転職活動の面接では、一次、二次と進んだ先に、最終的には役員や社長との面接がある場合があります。

社長に気に入ってもらえたら、その後の選考も有利に進められることも多く、内定獲得の可能性も高くなります。

しっかりと対話をしていきましょう。

面接の内容


まず、企業側から面接の流れの説明があります。

企業から仕事の説明を 面接前または面接後にされる場合がある

面接の内容に引き続き、さらに企業側から仕事内容の説明があります。

面接の最初ではなく最後に行われることもあるので、どちらでも良いように心の準備をしておきましょう。

自分の経歴や職歴、資格などの自己紹介

経歴や職歴、資格などの自己紹介は、面接の最初に聞かれる場合がほとんどです。

必ず聞かれる内容なので、事前にしっかりまとめておいてください。

自分の印象を決める大切な場面です。長所や強みなども添えて伝えましょう。

前職をなぜやめたのか、志望理由

前職を辞めた理由と志望理由も、比較的よく聞かれる質問です。

採用側はコミュニケーション能力をチェックしているので、前職の人間関係の不満などマイナスな発言は避けましょう。

キャリアアップのためのポジティブな理由を伝えることが大切です。

「せっかく採用しても同じ理由ですぐに辞めるかもしれない」と思われないように注意しましょう。

企業からの質問

医療従事者の転職活動においての面接では、「前職の退職理由」のほかに「これまでの経験」も聞かれます。

これまでの経験を質問されたら、配属先や勤務年数、業務内容を具体的に説明しましょう。

資格がある場合、転職先の職場でどう活かせるかもアピールしてください。

逆質問

採用側からの質問が終わると、ほとんどの場合「何か聞いておきたいことはありますか?」という逆質問を受けることがあります。

逆質問は「働く熱意をアピールする内容」であることがポイントとなるため、質問をすることで企業に対しての興味や熱意を伝えられます。

働いている人の年齢や雰囲気を確認しておくのは、職場の雰囲気を掴むために有効な質問です。それにより、長く続けやすい企業かどうかの判断基準にもなります。

反対に、給与や条件など、待遇に関する質問は、ときに悪い印象を与えてしまいます。自分をアピールできるせっかくのチャンスなので、質問の仕方は気をつけていきましょう。

また、求人情報などに記載されている内容に関する質問も、事前調査をしていないと判断される原因となってしまいます。

面接で重要なポイント5つ


面接を受ける際に、おさえておくべき重要なポイントは以下の5つです。きちんと対策をして万全の状態で挑みましょう。

企業研究

面接する企業のことは事前に調べておきましょう。

「理念」「方針」「特徴」はしっかり確認し、自分の意見や考えを伝えることができるようしておくとよいでしょう。

事前に企業研究をすることで、企業に興味があることが伝わります。

言葉遣いや敬語、身だしなみ

企業における面接の場合、病院における面接よりも厳しい場合があるので、マナーには気をつけなければなりません。

面接にふさわしい服装を選び、丁寧な言葉や敬語を使うように心がけましょう。

また、面接開始前から面接後に会場を出るまで、一連の行動を見られているということを忘れないようにしてください。

身だしなみは、面接官の印象を左右します。

基本的に場をわきまえた清潔感のある服装であれば問題ありません。

派手過ぎる格好は避けて、好印象を与えましょう。

簡潔で具体的なストーリー

「自己PR」「転職理由」「志望理由」の3つをしっかり考え、簡潔で具体的なストーリーを作りましょう。

「このストーリーは面接先の企業で働くことに繋がっている」ということを意識して、事前準備しておく必要があります。

挨拶や表情などの第一印象

面接では、挨拶や態度、話しているときの表情なども見られています。第一印象が決まる重要なポイントになるため、注意していきましょう。

職務経歴書と履歴書

職務経歴書、履歴書は自己アピールにおいて重要なものになります。しっかり書き込んで用意していきましょう。これまでの経験やスキル、想いを伝えることはもちろん、自身のアピールポイントを伝えていきます。

・職務経歴
職務経歴書は、職務経歴、取得資格など、自己PRの3つで構成されます。例えば病院勤務歴があった場合、「病院名」「在職期間」「経験職種」「雇用形態」「職務内容」の順番に記入していきましょう。

・取得資格等
医療系の資格だけでなく、他にも資格がある場合は記入して下さい。
資格がない場合でも、ワードやエクセルが使えるのであれば、スキルはどの位なのか記入しましょう。

・自己PR
自己PRは自分の価値を知ってもらうためのチャンスです。
「簡潔で具体的なストーリー」で考えた内容をさらに簡潔にまとめ、の企業に応募した理由につながるようなストーリーにするのがおすすめです。さらに自分にできることや興味がある分野などを、具体的に伝えられるようにしておきましょう。

面接には事前準備をして挑みましょう

今回は転職活動を成功させるための、就職面接におけるポイントを解説しました。

面接で重要な5つのポイントは以下になります。

・企業研究言行われる
・言葉遣いや敬語、身だしなみ
・簡潔で具体的なストーリー
・挨拶や表情などの第一印象
・職務経歴書と履歴書

当日に緊張しすぎて自分をアピールできなかったということにならないよう、ポイントをおさえた事前準備をしっかりして面接に挑みましょう。

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

 

転職をお考えの方はこちら

無料の「キャリアアドバイザーによる転職サポート」「未経験でも応募可能な企業の紹介」「その他キャリアアップ・転職相談」を受けたい方は下記のリジキャリ公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次